シャープの掃除機「プラズマクラスターサイクロン」に期待を込めた結果。日立・三菱にないシャープの強みがあったんです!

サイクロン掃除機購入に向け調査を進めていますが、今回は、シャープの掃除機(ECVX700N)について調査してきましたのでここにレポートしたいと思います。

まずは、前記事のまとめからどうぞ!

前記事まとめ(日立VS三菱を比較した結果)

お手入れのしやすさで選ぶなら三菱

掃除のしやすさ(操作性)で選ぶなら日立

簡単に説明すると、三菱はダストボックス上部にフィルターがなくサイクロン部分が一番シンプルな作りになっているため、ダストボックスを分解するのも洗うのも乾かすのも一番簡単な作りになっていました。

日立も三菱同様、ダストボックスは丸洗い可能となっていますが、ダストボックス上部にフィルターもついているため丸洗いできたとしても乾燥が心配です。

また、日立は三菱に比べダストボックスの作りが複雑で私の直感ではダストボックスを分解することができませんでした。

思うんですが、家電製品の操作(特にお手入れのしやすさ)って直感が大事ですよね。

何と言うか、ダストボックスを分解して洗うとき「え〜っと分解はどうやるんだったっけ?」となってしまうと、ただでさえ面倒なメンテナンスが更に面倒臭くなってしまいますから!

つまり、

三菱はメンテナンスは楽だけど操作性がいまいち。

日立は操作性は抜群だけどメンテナンスがいまいち。

というわけなんです。

(日立と三菱の比較詳細につきましては下記記事を参照してください。)

人気の掃除機 日立「パワーブーストサイクロン」VS三菱「風神」を比較!ヨドバシカメラの店員さんが三菱をおすすめする理由

シャープに期待を込めた結果

16-06-07-23-57-09-947_deco

三菱と日立が両者しっくりこなかったため、それなら、シャープに期待を込めまして再び調査に行って参りました。

調査したのはシャープの下記商品です。

SHARP プラズマクラスターサイクロン掃除機 [ECVX700N]

EC-VX700-N【税込】 シャープ サイクロン式クリーナー(自走パワーブラシ) ゴールド系 【掃除機】SHARP プラズマクラスターサイクロン掃除機 [ECVX700N]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

価格:55,580(税込)

ショップ:Joshin web 家電とPCの大型専門店

結果からお伝えしますと、シャープの掃除機のメンテナンスは日立よりも優れているが三菱には劣る結果となりました。

下記写真が、シャープ プラズマクラスターサイクロン掃除機 (ECVX700N)のダストボックスを分解したものになります↓

矢印部分がサイクロン部です。

16-06-07-23-56-14-544_deco

サイクロン部をひっくり返すとこんな感じ↓

16-06-07-23-56-48-587_deco

分解するのは楽ですが、洗浄と乾燥が面倒臭そうですよね汗

また、シャープの操作性に関しては三菱よりも日立よりも劣る結果となりました。

下記写真が、シャープ プラズマクラスターサイクロン掃除機 (ECVX700N)のヘッドになります↓

16-06-07-23-54-33-824_deco

シャープの操作性が三菱や日立に比べて劣ると思った理由は、シャープのヘッドがしょぼく感じてしまったせいだと思います。

(超個人的な正直な感想です。)

シャープのヘッドは、ゴミの吸い込み部分に対してヘッドの厚みがありすぎるんですよ。

何というかヘッドが縦に無駄に大きいと感じました。

下記写真の矢印部分の幅が無駄に広いと感じませんか?↓

16-06-07-23-55-34-414_deco

つまり、シャープの掃除機のヘッド部分は、ゴミ吸い込み部分に対して無駄に縦に大きく、横に短いんですよ。

ですが、ヘッドの大きさを全体で見ると他社と比べ小さいんです。

そして、ヘッドが左右にも曲がらない、という残念な結果でした。

シャープの強みは「強力ごみプレス」機能だと思う!

これまでの結果を見ると、シャープって他社に負けない強みってないのかな?と思ってしまうのですがそんなことないんです!

私が惹かれたシャープの一番の魅力は、「強力ごみプレス」機能です。

「強力ごみプレス」機能とは、簡単に言うと、ダストボックス内のごみをぎゅっと固めてくれる機能で、ゴミをぎゅっと固めてくれることでゴミ捨て時のごみの舞い立ちを抑えてくれる機能なんです。

また、プラズマクラスターイオンが静電気を抑制してダストボックス内のゴミの付着を抑えることができるので手を汚さずにスルッと綺麗にゴミを捨てることができるというから埃アレルギーの私にはものすごく魅力を感じました。

だって私、掃除機のゴミを捨てるときはマスクをしていないと必ず鼻をやられてしまい鼻水が止まらなくなりますから汗

そう考えると「強力ごみプレス」機能やプラズマクラスター技術はシャープにしかない強みだと思います!

まとめ(日立VS三菱VSシャープの結果)

シャープの掃除機を調査した結果、シャープの掃除機は、操作性において日立に敵わず、メンテナンス性においては三菱に敵わないという結果となってしまいました。

ですが、シャープにしかない「強力ごみプレス」機能やプラズマクラスター技術を採用した掃除機である点はとても魅力的です。

ゴミ捨て時に埃を舞い上がらせないなんて埃アレルギーの私には画期的な技術だなと、真剣に思います。

それでは、これまでに三菱・日立・シャープのサイクロン掃除機を比較してきた結果を下記にまとめます。

  日立 三菱 シャープ 備考
メンテナンス性 3位(★) 1位(★★★) 2位(★★) ダストボックスの分解・洗浄・乾燥のしやすさにおいて三菱がダントツ!
操作性 1位(★★★) 2位(★★) 3位(★) ヘッドの大きさや動きは日立がダントツ!
ゴミ捨て時のストレスフリー 2位(★★) 3位(★) 1位(★★★) 日立・シャープは片手でゴミ捨てが可能だが、三菱は両手が必要
合計 6(draw!) 6(draw!) 6(draw!)  

上記の通り、調査した結果を元に勝手に順位と点数をつけてみたのですが3社共に引き分けという結果となりました。

やはり、各メーカーそれぞれの強みを持っているなと感じます。

各メーカー仲良く手を組んで、それぞれの強みをすべて盛り込んだこれ以上ない掃除機を作ってくれたらいいのに、なんて思ったのでした。

そういうわけで、我が家の掃除機ですが、まだまだ決まりそうにありません笑

以上、この記事が私のように人気の掃除機について調べていらっしゃる方の参考になりましたら幸いです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です