30代女性が会社を退職したことで「手に入れたもの」と「失ったもの」

先月13年務めた会社を退職してから約1ヶ月経過しました。

そして、昨日は小学生1年生になる双子の娘たちの保育園プチ同窓会でした。

そのため、朝からひさびさに双子の娘たちを車で保育園へ送って行ったのですが、車を降りた瞬間、入口に向かっていきなり走り出した私がいました。

そして、そんな私を追って娘たちもまた走る。

条件反射ですね。

今年の3月に保育園を卒園して約5ヶ月経っているというのに長年の習慣で思わず走ってしまった自分にびっくりです。

双子が2歳から6歳まで通った保育園。

私がワーキングマザーとして毎日走りながら子供たちの送り迎えをした保育園です。

なんなのこの寂しい気持ちは!?

26d57379c32c86fa3e954b594a59f973_s

車を降りて急ぐ必要もないのに急に走りだした自分がおかしくて笑ってしまった後、押し寄せてきたのは寂しさでした。

なんなのこの気持ちは!?

なんだかちょと情緒不安定なわたくし。

ちょと自分の気持ちを整理する必要が出てきました。

会社を退職して手に入れたもの

会社を退職したことで手に入れたものを箇条書きにしてみます。

  • 自分の時間
  • 子供たちとの時間
  • 家族団らんの時間
  • 心の余裕
  • 家庭における自分の存在価値

会社を辞めることで私が手に入れたのは「時間」です。

まずは、ミシンしたり本を読んだり自分の好きなことをする「自分の時間」。

そして、子供たちの勉強を見たりプールに連れて行ったり習い事の送り迎えなど子供と一緒に過ごす「子供たちとの時間」。

夕食を食べてから寝る時間までに家族と過ごす「家族団らんの時間」です。

この通り、お金を払ってでも欲しいとあれほどまでに願った「時間」を手に入れました。

そして同時に「心の余裕」も。

その結果、家庭は円満そのものです

私が仕事を辞めたことで家族がいい方向に向かったことは明らかで、家庭における自分の「存在価値」を認識することができました。

会社を退職して失ったもの

では次に、会社を退職したことで失ったものを箇条書きにしてみます。

  • 家庭以外の自分の居場所
  • 母親として以外の役割
  • 生きていく気力
  • 欲しいもの

ちょと大袈裟かもしれないんですけど、そう!「生きていく気力」みたいなものを感じられなくなってしまいました。汗

これまで息苦しくなりながらも「家事」「育児」「仕事」をこなしてきたわけですが、その生活の大部分を占めていたのが「仕事」です。

働いていたら誰しもそうだと思うのですが、一日の内で仕事をしている時間が一番長かったわけなんです。

それがなくなった今、空虚感が半端ないです。

家庭の中にしか自分の居場所がなくて、家事育児以外にすることがないんですよ。

これでいいんだっけ??という感じで何だか気持ちが落ち着きません。

そして、あんなに欲しかった時間を手に入れ、「心の余裕」も生まれたというのに、今度は「欲しいもの」がなくなってしまいました。

あ~~私って本当にどうしようもないです!!(>_<)

「心の余裕」を通りこして感じる「空虚感」に困惑

ea8a6ef95ef80c94f911160c3f454b29_s

仕事を辞めたことを後悔はしていません。

ですが、このままおばあちゃんになるのかと思うと「物足りなさ」を感じてしまいます。

ご飯作るのも1時間あれば十分で3時間もいらない、といった具合です(;´∀`)

唐揚げ、餃子、オムライスにエビフライ・・作りたいものを作って子供たちに食べさせることができる満足感は大きいのですが、それでもやっぱり料理するのに3時間4時間もいらないわけです笑

夏休みにすることがないため子供たちと図書館に行って本を借りてゆっくり読んであげるのはいいのですが、夜寝る前に思うんですよ。

「あれ?私が今日したことは図書館に行っただけ?それだけ?」

みたいな感じです笑

時間を贅沢に使っているはずなのに、なんだか気持ちがザワザワ落ち着かなくて困ってしまいます。

日々の生活の中にもうちょっと何かあってもいいんですよね。。

今はそれを考える時間を与えられたと考えて今こそ私にとっての「人生の夏休み」と捉えようとマインドコントロール中です。

何というか、人生80年だと考えたらまだ半分も行ってないわけで、とにかく何か夢中になれるものが欲しいと感じ始めています。

もうちょっと時間が経って専業主婦でいることが当たり前になったらこんなことも思わなくなるのかな?

うーん、分かりません(>_<)

最後に

仕事を辞めるまでは「だろう」だったことが、仕事を辞めてから「確信」に変わったことがあります。

それは、「仕事はお金のためだけにするものじゃない」、ということです。

まさに今の私の精神状態がそのことを物語っているわけなんですが汗

「仕事」が原因で心の余裕を無くしたことも事実ですが、「仕事」に行くことで「気力」を作りだしていたのも事実。

「仕事」が生活にハリを与えてくれていた部分もあったんだということを今まさに実感しています。

うーん物足りないです(;´∀`)

7月に退職してすぐに子供たちが夏休みに突入しましたので「時間」を手に入れたといっても自分一人の時間はまだ確保できていません。

9月に入って新学期が始まり自分一人の時間を確保できるようになったらまた何か心境の変化があるのかな。

今は何とも言えない気持ちの日々が続いていますが、正直な自分の気持ちと向き合いながら今後のことをゆっくり考えていこうと思っています。

あわてない、あわてない。ひとやすみ、ひとやすみ。

14 件のコメント

  • うーん。はじめまして。学童についてググっていたらたどり着き、幾つかのエントリを拝見させて頂きました。夏休みおつかれさまです。私にも小1息子がいます。
    今回だけは専業=ヒマみたいな内容なので一言書かせてください。
    専業主婦で一番大変な時期って、子供が幼稚園に入るまでの2年半(晴れていれば1日2回公園に連れて行く、三食好き嫌いさせずに食べさせる、トイレトレ)と就学前のママ友との人間関係をそつなくこなすこと(家の行き来、公園でのお菓子の与え方、虫歯対策、お稽古事)なんです。二人以上の子供がいる場合は日々を回すだけで大変で、自分になれる時間は学生時代の友人に会えたときくらいでしょうか。
    その時期を日中保育園にお任せして専業主婦になると、他の専業主婦のママと話すときに相手が違和感を感じるかもしれません。
    9月になって新しい環境に馴染めると良いですね。

    • 34歳専業さん
      初めまして、コメントありがとうございます。
      この記事を読まれて違和感を感じられたとのことでご指摘ありがとうございますm(__)m
      ただ一つ誤解がありまして、双子が誕生してから2歳までの2年間は育児休暇を取得しておりましたので専業主婦でした。
      その2年間は、3歳上の長男が居ながらの双子育児でしたので大変な時期専業で子育てする大変さは理解しているつもりです。
      その2年間は、「仕事に行っている方が絶対らく!!!!」だと私も断言していたくらいで、2年間の育児休暇が明けて仕事に復帰したときには「開放感」すら感じましたし、保育園のことを「保育園様」だと思っていましたから(*^^*)

      今私が物足りなさを感じているのは、子供たちが全員小学生になった今だからです。
      子供たちが小学生になっていなかったら仕事辞めていないですよ私(;´∀`)

      こんな感じで仕事を理由に子供とちゃんと向き合ってこなかったんですね私。

      でも気を付けますね。
      専業主婦といってもいろいろな立場の方がいらっしゃるということ忘れないでいたいと思います。

      コメントありがとうございました!!

  • なんとなく分かりますよ〜
    働きながら子育てしていると 一息も休めない時ありますよね。仕事に、帰ってからの家事にフルパワーで力を注ぐ、みたいな。特に3人お子さんいらっしゃるし大変さはハンパないと思います。
    専業主婦業もやることいっぱいで大変ですが 、その時に比べると 常に力を注ぎすぎなくてもいい反面、あれ何か楽してない?みたいな感覚に襲われることあると思います。

    いずれ自分のペースが見えてくるんじゃないでしょうか。それでも 物足りなく見えたときは またワーキングマザーにチャレンジですね!子供も大きくなってくると 気持ちに余裕が出てくるかもしれませんね^_^

    • まーさん
      コメントありがとうございます!
      そうなんです、フルタイムで働いていたときは大袈裟に言えば5分単位で生活していました。
      常にダッシュしているような感覚です。
      5分を短縮できずにタクシーに乗ることも普通になっていました。(延長料金よりタクシー代の方が安いから)

      おそらくその反動です。
      少なからずあるとは思っていましたが予想していた以上の脱力感に襲われてしまっている感じです(;´∀`)

      おっしゃっていただいた通り、そのうち自分のペースが見えてくるのを静かに待って時の流れに身を任せたいと思います。

      ありがとうございました!(*^^*)!

  • フルタイムからの専業主婦生活は、やっぱり空虚な気分になったりしますよね、きっと。
    落ち着いたら短時間のパートとかするのも息抜きとお金のためにいいと思いますよ~。でも、それだと長期休み学童になっちゃうんですよね。
    お子さんが留守番出来る年齢になったらパートするとか。
    うちの子は夏休み学童なんとか乗りきりました。でも、おとなしい子に何か言ったりしてたんじゃないかなとか心配はありますね(^-^;

    • ちいさん
      コメントありがとうございます!
      はい、まさに空虚な気分になってしまいました汗

      このブログがパートみたいなものなので今のところ新たに外でパートすることは考えていないのですが、今後のことについては今いろいろと好き勝手妄想しているところなんです。
      私って何かに夢中になっていないとダメな性格なのかも汗
      それについては追々記事にしていきますね。ひひひ。

      夏休みお仕事と学童お疲れ様でした!
      学童という場所は特殊ですのでいろいろと心配も尽きないかと思いますが、とりあえずは長い夏休みを切り抜けてホッと一安心ですね(*^^*)

  • みっちーさんは退職して物足りなさを感じていらっしゃるんですね(^^;;
    まだまだ30代だと気力体力が余っちゃうのかな〜

    私は仕事大好き人間でしたが、体を壊して退職したせいか全くそんな気持ちにならず…(笑)
    でもやりたいことがどんどん出てくるタイプなので、あっという間に時間が足りないとさえ思うようになりました。
    たとえば…

    昨年は幼稚園、今年はPTAの役員。
    趣味は平日の安い教室で始めたスイミングとバレエ。ハンドメイドも少々。
    料理はもちろん、掃除や洗濯のノウハウ、断捨離もがんばりたい。家庭の居心地良さを追求したい。ミニマリストにも興味があるし、もっと読書もたくさんしたい。
    始めたブログも充実させたい。
    子供の習い事の送り迎え、必要なら勉強も見てあげないといけないし。

    私やること詰め込みすぎ?…と思った矢先に子猫を拾い、3時間おきのお世話で今はヘロヘロです(笑)

    書いてみると好きなことばっかりで贅沢だなーと思いますが、充実感があるせいか、社会参加していない焦りはなくて。むしろ精神的な豊かさあってが嬉しいです。
    夫にもとてもとても感謝(^^)

    家事育児って、やればやるほどに奥が深い仕事だと思いますね。
    しかも自分がプロデューサーなので面白いし♪

    ですが、何に喜びを感じるかは人それぞれなので…適度にパートとかしてみるのもアリかもしれませんね!
    個人的には、こんなに素敵なブログを作り上げているのに、みっちーさんは喪失感があるんだなぁ〜と意外に思いました(゚o゚;;

    これからもブログ楽しみにしています♪

    • ひふみさん
      ブログ見ましたよ!
      かわいい子猫ちゃんですね!!

      なんというか、あんなにやりたいことがいっぱいあったはずなのにいざ時間ができると「いつでもできる」と思えてしまうせいかなんだかやる気が沸かなかったりしています。
      本当に私ってわがままだな~と思うのですが、正直そんな感じです。

      夏休みなので3人の子供たちがうるさすぎて思うように自分の時間が持てなかったというのもあるのですが、9月からはひふみさん目指して自分の時間を充実させていきます!
      私もひふみさんみたいに「精神的な豊かさがあって嬉しい」って言ってみせますから!

      ブログを褒めていただいてありがとうございます(*^^*)
      確かに家事育児とは別にこのブログが私にはあるのですが、もう一つなにか夢中になるものが欲しいんです!!

      うーん本当に私って何に喜びを感じる人なんだろう・・・・(;´∀`)
      早く答えが出るといいな(>_<)

  • 専業主婦になる!!ということで、バイタリティの塊なので一体どんなカリスマ主婦になられるのか!?
    と、期待もしつつ、
    実は、喪失感に苛まれるのでは。。。と勝手に心配をしておりました。子どもたちがみんな小学生になってからの専業ですからね。
    お気持ちとってもよくわかります。何もない(と言うと失礼なのですが、平穏な一日と言いますか)日のはずなのに心がそわそわして、何かやらなくてはと焦ってみたり、自分でもよくわからない何かに追われてしまいますよね。
    パートに出るのはいかがですか?私もパートに出てから落ち着きましたよ。
    お仕事させてもらっているのに、幼稚園のお迎え(延長保育なし)、習い事の送り迎え、幼稚園の役員さん、小学校のママさんバレーと無理なくすることができて、とても充実しています。家事はちょっぴり(いや、結構!?)手抜きですが。(笑)

    どうか今は、フルタイムで仕事と育児をがんばり続けたご自分へのご褒美としてゆっくり休んでください。
    焦らなくても大丈夫です!これからも応援しています♪

    • くりーむさん

      コメントありがとうございます!
      バイタリティの塊なんてそんなそんな!

      心配していただいておりました通り喪失感に苛まれる結果となってしまいました(;´∀`)

      「焦らなくて大丈夫!」と言っていただいてものすごく嬉しいです。

      おっしゃる通り「自分でもよくわからない何か」に追われてしまっています。
      あまり疲れていないからか夜中に目が覚めるようになってしまいました(>_<) 朝目を覚ましてもなんだか苦しい。。 いきなり専業主婦になった反動は大きいです。 家庭の中は穏やかな時間が流れるようになり子供たちのフォローもできていますのでその部分については満足度は高いのですが、 家庭ではなく「自分自身」に目を向けたときに「私はこのままでいいの?」とものすごく不安を感じてしまいます。 今日で夏休みが終了します。 明日からはいよいよ一人お家生活が始まりますので心境もまたイイ方向に変わってくれるといいのですが。 また近況報告させていただきますね(*^^*) これからも応援よろしくお願いします!!!

  • 以前のブログタイトルの時から読ませて頂いていて、
    同じワーキングマザーとして励まされていました。
    ワーママブログってスーパーウーマンみたいな人が多くて、
    逆に劣等感を持つことが多いので;

    お仕事を辞められるという記事を見た時は、寂しさと同時に
    正直、羨ましくて羨ましくて(笑)
    限界に近い状態で働いているんだなぁと自覚した次第です。

    家庭での価値と社会での価値。
    永遠のジレンマだと思います。でも以前見ていた時のみっちーさんは
    会社でも家庭でも認めて貰えないという苦しみを抱えてらしたように思えるので、
    今心穏やかに家庭で過ごされてるのなら、きっとそれがベストなんじゃないかと思います。

    何より働いていると子どもの様子が見えなくて
    異変とかSOSを見逃すんじゃないかと危惧しているので、
    家にいるお母さんってそれだけで意義があると思います。

    慣れ慣れしくてすみません(以前1度だけコメした程度で)
    またお話聞かせて下さいね(*’▽’)

    • きあたさん
      コメントありがとうございます!
      わかります~ワーキングマザーしてる人ってスーパーウーマンとまではいかなくてもしっかりとどっしりとした人が多いですよね!
      劣等感を感じるお気持ちよく分かります!
      私は会社の中でもそうでした。
      周りの人がみな優秀でどれだけ自分のことが嫌になったか。
      ご存知の通り、私も10年近くワーキングマザーとして頑張ってきましたが頑張っても頑張ってもカリスマワーキングマザーにはなれなかった口です(;´∀`)

      限界に近い状態で働いていらっしゃるとのこと。
      大変な渦中にいるときほど隣の芝が青く見えてしまうもとだと思うのですが、私のことをどんどん踏み台にしていただいて自分にとってのベストな生き方を選択されてくださいね!

      フルタイム共働きは本当に大変ですが、大変な毎日もそれはそれで輝いているものなんだと思います。
      仕事を退職した今だからそう思えるのかもしれませんが(;´∀`)

      >以前見ていた時のみっちーさんは会社でも家庭でも認めて貰えないという苦しみを抱えてらしたように思える

      そうだったですね。
      あの当時は本当に辛かった。
      頑張っても頑張っても旦那に認めて貰えませんでしたから八方塞がりでした。
      その後、旦那が私を認めてくれたことで今の私があります。(一言では語れない)
      そう考えると、今家庭の中で穏やかに過ごせていることがどれだけ贅沢なことなのか分かります。
      思い出させてくださってありがとうございます!

      こちらこそ今後ともよろしくお願い致します(*^^*)

  • 初めまして。青乃と申します。
    2歳と年中の息子を持つ、勤続10年のワーキングマザーです。
    「小学 共働き 辞める」と検索し、こちらのブログに辿り着きました。

    上記の通り、今、仕事を辞めるかどうか、本当に悩んでいます。
    そんな中このブログを見つけ、なんだか非常に救われました。辞める勇気が出てきました。
    みっちーさんの文章は非常に読みやすく、共感できることも多く、悩みまくって病んだ(笑)私には、本当に助かるものでした。
    本当にありがとうございます。

    恐らくですが、私、みっちーさんと似たような所が有るのです。
    自分に自身が無くて、今の生活に疲れ果てていて・・・。色々なことが中途半端で、ストレスも溜まりやすくて。
    自分がお金を生み出せない(お給料も、育休手当も無い状態)ことが初めてで、自分の価値が無くなるような気もしていました。
    ただ、自分の状況(家族を大切にしたい、強い倦怠感、三人目を産みたい等)を考えると、どちらも選べず、、変える勇気が出ませんでした。
    でも、同じような方の意見を読み、凄く共感でき、やっぱり辞める(変える)勇気は必要だな、と思いました。
    「会社があなたにとっての居場所ではなくなっただけ」、本当にいい言葉ですね。

    みっちーさんはこの記事の時、物足りなさも感じていらっしゃるようですが・・・
    私からすると、こうやってブログでしっかりと自分の考えをまとめられて、こんな素敵なブログを運営されていること、大変憧れます。
    まさに、希望の星です!

    私も、色々と頑張ってみたいと思います。
    ただ、辞めてからは子育てに終われ、結局カリカリした毎日で自己嫌悪に陥りそうな気もしますが(笑)

    最後に、できればで良いのでお願いです。
    この記事に書かれていましたが、夏休みが終わった今、心境等に変化はありましたか?
    是非、今のお気持ちも書いていただきたいです!

    長々とすみません。
    これからも応援しています!
    励まされる文章、本当にありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です