シャープ洗濯機は「穴なし槽」だからって洗濯槽の外側にカビが発生しないわけではなかった!

シャープだけの穴なし槽洗濯機をご存知でしょうか?

洗濯槽に穴がないから黒カビをブロックできるという製品なのですが、わたくし、この穴なし洗濯機について大きく誤解していたんです!

穴なし槽だからって洗濯槽の外側にカビが発生しないわけではない!

穴なし槽洗濯機というのは、洗濯槽に穴が開いていないことで洗濯槽の裏側に水が浸入しない(=洗濯槽の外側にカビが発生しづらい)構造なんだと勝手に思っていました。

これが大きな大きな間違いでした。

穴なし槽洗濯機は確かに洗濯槽自体に穴は開いていないのですが、洗濯槽上部にちゃんと排水用の穴があったんです!

下の図で言う、②の部分ですね。(この①と②の穴は、脱水の時に水が抜ける穴です。)

20160907_170512

実際の衝撃写真はこちら↓

16-09-07-15-55-05-712_deco

穴あるじゃん!

ということは、穴なし槽だからって洗濯槽の外側に水が浸入しない(=カビが発生しない)わけではありませんでした

まぁ私が勝手に勘違いしていただけなのでシャープさんは何も悪くありませんがm(__)m

洗濯槽にカビが発生するとすればどうして「黒カビブロック!」なの?

穴なし槽であっても洗濯槽の裏側に脱水用の水が侵入するということは、洗濯槽の外側にカビは間違いなく発生することになると思います。

いくら「プラズマクラスター槽クリーン」(※1)という機能が備わっていたとしても、カビは間違いなく発生するに違いありません。

プラズマクラスター槽クリーン とは?

ボタン1つで洗濯槽に送風しながら、プラズマクラスターを放出。カビ菌の繁殖を抑制する機能。

では、穴なし槽で言うところの「穴がないから黒カビブロック!」とは具体的にどういった効果をうたっているのでしょうか?

つまり、こういうことでした。

穴ありタイプの洗濯機が洗濯時に脱水用の穴から洗濯槽の中に洗濯槽外側に発生した黒カビが浸入することがあるのに対して、穴なしタイプの洗濯機は、脱水用の穴から洗濯槽内へのカビの侵入がなくなるという意味だったんです。

洗濯槽内へのカビの侵入がなくなることで、清潔な水で洗い・すすぎができる、という意味だったんですね。

なるほどです。

しかも、シャープ洗濯機の取説には「衣類を汚す原因となる黒カビ等が浸入しにくい構造」と言っているだけで、洗濯槽内への黒カビの侵入を完全に否定するものではありませんでした。

そういうことだったのか~!

ギャラリー:シャープの洗濯機はこんな洗濯機でしたよ!

シャープの洗濯機の中から2機種を勝手にピックアップしまして、簡単にではありますが写真を載せておきたいと思います。

ES-GV8A(全自動洗濯機)

16-09-07-15-52-38-362_deco

洗濯脱水容量が8㎏の全自動洗濯機です。

大きな洗濯物もスムーズに出し入れできるWIDEマウス

16-09-07-15-52-58-638_deco

注ぎやすい大きな洗剤ケース(洗剤入れと柔軟剤入れ一体型)

16-09-07-15-53-18-659_deco

糸くずフィルターは袋状

16-09-07-15-53-39-830_deco

ES-GX9A(タテ型洗濯乾燥機)

16-09-07-16-12-34-659_deco

洗濯脱水容量が9㎏のタテ型洗濯乾燥機です。

ワンタッチで開く!掃除がしやすい軽くフラットなフタ

そして、洗濯乾燥機にも関わらず、内フタなし(シャープだけ)

16-09-07-16-13-04-761_deco

大きな洗濯物もスムーズに出し入れできるWIDEマウス

16-09-07-16-13-31-686_deco

全自動洗濯機にはない「排気フィルター」と「吸気フィルター」

16-09-07-16-13-53-592_deco

糸くずフィルターは袋状

※全自動洗濯機と同じであるため写真無し

洗濯機の中にハンガーをかけて衣類や上靴を乾かすことが可能(シャープだけ!)

20160907_223640

ちなみに、シャープのタテ型洗濯機を買うとすれば私だったらどれを買うか考えてみたのですが、私だったらズバリ全自動洗濯機の9㎏タイプ「ES-GV9A」です。

理由は、乾燥機能を使う習慣がないため「タテ型洗濯乾燥機」である必要がないことと、5人家族の大量の洗濯物を考慮すると洗濯容量9㎏が妥当だと考えるからです。

また、「全自動洗濯機」ではなく「タテ型洗濯乾燥機」を購入する場合には、乾燥機能を本当に利用するのか判断は重要です。

なぜなら「タテ型洗濯乾燥機」を購入しても乾燥機能をめったに使わないでいると「排気フィルター」と「吸気フィルター」部分がカビの温床となるだけなので注意してくださいね!

フィルターにかびが発生した状態で乾燥機能を利用するとはっきり言って悲惨です。

最後に(シャープの洗濯機を買いたいと思うのか?)

最後に超個人的な意見ではありますが、「シャープの洗濯機を買いたいと思うか?」を考えてみました。

結論から言うと、シャープの洗濯機は選ばないかなm(__)m

(シャープさんすみませんm(__)m)

理由としては、「穴なし槽」と言っても洗濯槽外側にカビが発生しないわけではなかったからです。

「穴あし槽」であっても洗濯槽外側にカビが発生するのであれば、日立やパナソニックのように洗濯の度に洗濯槽を洗浄してくれる洗濯機の方に惹かれてしまいます。

先日、今使用している洗濯洗剤が優秀すぎて、洗濯洗剤で洗濯槽外側のカビの発生を抑えることができることを知りました。

洗濯機の掃除が不要になる!?画期的でおすすめの洗濯洗剤があったんです!

2016.09.05

それもあって、「プラズマクラスター槽クリーン」機能にも特に惹かれませんでした。

ただし、節水という点については、他者さんよりも魅力的に感じます。

(洗濯槽と外槽の間のムダ水が節水されますから確かに節水効果は大きいでしょうから!)

そして、洗浄力という点においてもシャープよりも日立の方が長けているいる感が否めません。

(日立の売りは何といっても「洗浄力」ですからね!)

この通り、私は日立の回し者ではありませんが、シャープの洗濯機について調べてみた結果、シャープの洗濯機よりも日立の洗濯機の方に惹かれずにはいられない結果となりました。(完全な私個人の主観です。)

以上、この記事がシャープの洗濯機が気になっていらっしゃる方の参考になりましたら幸いです。










1 個のコメント

  • 洗濯槽に穴がない=洗濯、すすぎの際に排水ルートに混色しない=洗濯物にカビの混色がない=清潔と考えられると思われます。洗い・すすぎの際に上部の脱水ルートを通して洗濯水が出入りすることがあるのでしょうか?問題なのは、洗濯槽の水が脱水槽に達してから洗濯槽に戻ってくる事だと考えてます。(洗い・すすぎの際の水が脱水ルートから洗濯槽に戻ってこないのであれば問題無し)洗濯槽の外側の排水層(仮)に汚れ、カビが存在するとしても、洗い・すすぎの際には排水層に水が触れない、脱水時にすり鉢状の洗濯槽の壁を遠心力で排水が登って排水層に至るという過程であれば、洗濯槽の表面がキレイなら良い=極端な話が人が容易に触れることができる洗濯槽の表面だけの清潔が保たれていれば良いと思います(毎回槽内を100均の電解水ペーパー等で拭き取る等)。洗濯槽の裏側の汚れを毎回洗浄する機能のある洗濯機があるとしても、所詮見えない部分での話し=消費者から見えないグレーゾーンでのメリットを謳っているだけで、定期的に分解清掃するほどの技術と時間のある限られた人種のかたにしか実感出来ないのではないでしょうか?現在、穴なし槽の洗濯機を検討していますが、洗い・すすぎ工程時の洗濯槽と脱水槽(仮)の間の水の行き来だけが気になりますので、そこのレビューが欲しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です