楽天カード返金処理の意外な落とし穴。楽天カードコレクトセンターに問い合わせを行った結果。

2015-04-11-18-00-00_deco

楽天カードにて決済されたAmazonプライム年会費(3,900円)の返金処理と、返金時の楽天カード明細の確認方法について記載します。

※Amazonプライム年会費の返金の経緯についてはこちらの記事を参照ください。

Amazonプライム 無料体験の危険すぎる落とし穴。突然の年会費の請求から返金までをまとめました。

Amazonから「(Amazonプライム年会費を)返金します」と回答をいただいてから、実際に返金処理を確認するまでの流れを下記にまとめます。

待てど暮らせど返金確認できず

私の場合、Amazonプライムの年会費は、Amazonに登録していた楽天カードから引き落とされました。

そのため、返金処理も楽天カードに対してなされるという話だったのですが、楽天カードアプリで明細を確認するも、2ヵ月以上経過しても(Amazonプライム年会費3,900円の返金を)確認することはできませんでした。

楽天カード明細にマイナスされる形で載ってくると思っていました。

私がAmazonのカスタマーセンターに電話して、返金処理をしていただけると言われたのは1/8です。

2月・・3月・・4月・・3ヵ月経過。

どうなってるの?

再度Amazonカスタマーセンターに問い合わせ

再度Amazonカスタマーセンターに問い合わせを行いました。

1/8に返金していただけると言われた年会費の返金処理についてご確認をお願い致します。

そして、Amazonからの回答はこうでした。

プライムの登録状況と現在の状況を確認させていただきます。

確認させていただきましたところ、ご連絡いただいた1/8にカード会社に対して「返金リクエスト」が送られています。

カード会社様によっては、明細には返金処理は記載されない場合や、他の買い物と相殺される場合もあります。

カード会社に対し、(お客様の方から)「1/8にAmazonからなされた返金処理について」問い合わせを行ってください。

もしも、カード会社から返金処理がなされていないような場合には、再度Amazonカスタマーセンターまでご連絡をお願い致します。

専門部所にて詳しく調査させていただきます。

無駄のない電話対応はさすがAmazon。

楽天カードサポートセンターに問い合わせた結果

早速続けて、楽天カードコレクトセンターに問い合わせを行いました。

楽天カードコレクトセンターからの回答はこうでした。

2月に正常に返金処理がなされています。

楽天カードアプリの明細には、キャンセル分(返金分)は表示されません。

2月の請求額全体から、「調整額」として、キャンセル分の3,900が引かれています。

返金処理については、楽天e-NAVIにて確認することができます。

早速、楽天e-NAVIにて、返金処理が行われているという2月の明細を確認してみました。

2015-04-11-18-00-00_deco

当月利用額が37,671円であるのに対して、請求金額は、33,771円となっています。

オペレーターの方がおっしゃっていた通り、2月の請求額全体から調整額として、キャンセル分の3,900円が引かれていました。

そして、調整額詳細についても、楽天e-NAVIの同ページ内にて確認することができました。

Screenshot_2015-04-11-17-54-38

調整額の3,900円がAmazonプライムの年会費の返金であることが分かりますね。

また、1/15日付けで、楽天カード会社にて返金処理されたことが分かりました。

1/8 突然のAmazonプライム年会費の請求についてAmazonに問い合わせ

同日、Amazonより楽天カード会社に返金リクエスト

1/15 楽天カード会社にて返金処理

正常に、楽天カード会社にて返金処理がなされていることを確認することができました。

これにて、一件落着。

楽天カードコレクトセンターに問い合わせる際の注意点

楽天カードコレクトセンターに問い合わせる際の注意点を一つ。

手元に楽天カードを用意してから電話をかけましょう

理由は、サポートセンターに電話をすると、オペレーターに繋がる前に、「カード番号」と「生年月日」の入力を求められるからです。

余談ですが、私はカードを手元に用意していなかったため慌てました。

楽天カード決済後の返金処理についてまとめ

楽天カードで決済された後の返金処理の確認は、楽天e-NAVIで行うことができました。

楽天カード決済後の返金処理についての確認は、楽天カードアプリの明細ではなく、楽天e-NAVIの明細欄にて行うべし。

最後に

今回、私の確認不足により、思いがけず引き落とされてしまったAmazonプライム年会費。

にも関わらず、Amazonの誠意ある対応には心より感謝します。

また、決済を行っていた楽天カード会社の迅速な返金処理についてもまたしかり。

Amazonさん、楽天カード会社さん、この度はとんだお手数をおかけしましたm(_ _)m

以上、この記事がお役にたちましたら幸いです。

[blogmurain]

2015-04-11-18-00-00_deco

8 件のコメント

  • 分かりやすい解説ありがとうございました。
    便利なので年に数回は利用していますが、最近、商品に・プライム・と
    チェックが目立つので検索してみました。
    特に体験を申し込んだ記憶もなく、急ぐものでもないのに発送のメールより
    早く届き感謝していました。
    会費の請求も気づかないままでしたが、あなたのナビに従って開いてみましたら何と、13年1月プライム会員となっています。
    早速・解約・の手続きをいたしました。
    ご存じない方も多いのではないでしょうか。

    • わたなべよしえさん
      コメントありがとうございます。
      コメントをいただきながら返信が遅くなりましてすみません!

      なんと2年も以上も前に、プライム会員になっていたことを今回初めてお知りになったのですね(>_< ) カード明細を見る習慣がない方は、いまだに自分がプライム会員であることを知らない方は多いんだと思います。。きっと間違いないです^^; カード明細がWEB化され、自分が明細を見ようとアクションを起こさなければ明細を見ることはありませんから、なおさらですね。 カード明細は毎月ちゃんと確認しないといけないことを実感させらました。

  • アマゾンプライム会員3900円、年に一度ぐらいしか利用しないアマゾン利用で、夫がまんまと引っかかっておりました。
    使っていないPCのウイルス対策ソフトに4年も自動更新されたり、
    年一度利用の宅配レンタルに毎月会費を払い続けていたり、
    私が気づかない限り、この手の入会に100%引っかかったあげく「俺は入会した覚えはない」の一点張り。
    毎回子供のように知らんぷりされ、解約する方法よりも、どのようにして夫が「自分が入会したことに気づき」解約する気になるか?
    夫を説得する方法に悩む日々。
    今回アマゾンプライム返金のページを拝見させていただいて、「これだー!!」
    すぐに画像で保存し、LINEで夫に送信しました。
    ずんぐり‥さんの謙虚で優しい、コミカルな文面のおかげで、短気な夫の神経を逆撫ですることなく、解約の方向へ進められそうです。

    おバカな夫でもわかる読みやすい文章、気持ち良く解約→返金へと進むための謙虚な心構え、私が欲しかったものが全て盛り込まれていました。

    ずんぐり‥さんの記事に夫婦共々救われました。ありがとうございましたm(_ _)m

    • ののちさん
      はじめまして。コメントありがとうございます!

      ののちさん誉めちぎりすぎです!!でもでも、とっても嬉しいです!!
      そして何より、頑固なご主人様という点に痛く共感しております。笑

      >・・短気な夫の神経を逆撫ですることなく、解約の方向へ進められそうです。
      それは本当によかったです。逆切れされたらたまったもんじゃないですものね!

      また、ずんぐりさん・・と呼ばれたのも初めてでとっても嬉しかったです!
      ぜひまたのぞきに来てもらえると嬉しいです!(^^)!
      こちらこそありがとうございました

  • アマゾンプライムネンカイヒの見覚えのない引き落としがあった為、ググったらこちらを見つけました。
    何とか返金してもらうようになりましたが、「契約をちゃんと確認しなかったあんたが悪い」旨の事を言われました。確かに明確に確認はしなかったけど、まさかアマゾンのような大手のところが、こんな詐欺まがいのやり方をするとは思ってなかったので、少なからずショックを受けました。そもそもこのサービスに好き好んで入るひとって、どれだけいるの??
    コレ、明らかに確信犯ですよね。
    チェック外し忘れてメールがバンバン来る、楽天の方がぜんぜん許せますね。
    まー今後アマゾンを利用することは二度と無いな。

    • ねもさん

      はじめまして。コメントありがとうございます!
      少なからずショックというお気持ちとてもよく分かります。
      えっアマゾンなのに?こんなことあるの?って思いました私も^^;

      未だ、アマゾントップには「アマゾン無料体験を試す」と記載されたボタンが配置されていますね。
      そして、その直後に「アマゾンプライム」に登録するか否かの選択ができるようになっていました。
      これだと、直観的にアマゾンプライムに登録しても無料体験なんだと誤認してしまう方は沢山いると思います。

      アマゾンめ~「アマゾン無料体験を試す」じゃなくて「アマゾンプライム申し込み」とするべきなんですよ!

      アマゾンプライム会員になれば、アマゾンナウなどの最新サービスを利用することができるなどサービス内容はどんどん充実しています。
      これだけのサービスを提供しているのだからもっと堂々と申し込みしてもらえばいいのに。。と思います。

      コメントありがとうございました^^

  • Amazonプライムの事でご質問です。
    実は私も年会費を請求されました。身に覚えのない事だったので、調べた結果⁉︎ここにきました。
    返金手続きは終わりホッとしてますが、よくよく考えたら、たまたま明細を確認したから分かったものの、知らずに1年経ってしまいますよね(汗)
    質問はそこなんですが、例えば2年目の年会費請求時点で、1年目のAmazon利用が無かった場合、自動返金?とかなるのでしょうか?やっぱり取られ損でしょうか?
    こんな質問で申し訳ないですが、ご存知なら教えてください。

    • 初めまして。コメントありがとうございます!

      質問はそこなんですが、例えば2年目の年会費請求時点で、1年目のAmazon利用が無かった場合、自動返金?とかなるのでしょうか?やっぱり取られ損でしょうか?

      この記事にコメントを寄せていただいた方の中には「1年以上前にプライム会員に登録されていた」ことを知った方も数名いらっしゃいました。
      その方たちは即解約されていますが、年会費が戻ってきたかは言及されていなかったのではっきりとしたことはもうしあげられません。
      しかし、ここにコメントを寄せてくださる方の9割以上が年会費の返金に応じてもらっています。
      利用履歴がない場合は100%返金されますが、利用がある場合には、減額での返金となるとのことでした。(←これはカスタマーセンターに確認済み)

      一番すごい人で5回のプライムサービス利用があったけれど一部年会費を返金していただいている方もいらっしゃいましたので交渉の価値はあるかもしれません。

      はっきりしたことは私には分かりませんので一例として参考になりましたら幸いです^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です