共働き我が家の家計分担はこんな感じです。これって普通?

これまで書いたことがあるようで書いたことのない共働き家庭である我が家の「家計の分担」についての記事です。

共働きで働く家庭の一例として読んでみてください。

(具体的な数字については記載しておりません。)

では、早速参ります。

【共働き 家計管理】誰も家計管理しない我が家

早速、家計管理についてですが、わが家では、誰も家計を管理していません(^^;

私は、旦那の給与がいくらか知りませんし、旦那も私の給与がいくらか知りません。

お互いに別に隠しているわけではなく、お互い聞かないだけだと思います。(たぶん(^^;)

ただ、給与明細が電子化されてしまっていますのでそれをわざわざプリントアウトして見せ合うということをしていないだけというのもあります。

更に言うと、旦那の給与を知ってしまうのも恐いからというのが一番大きな理由かもしれません(^^;

知ってしまうとお買い物を楽しめなくなってしまうから絶対。。

「源泉徴収票」で年に一度初めて旦那の所得を知ることになります。

【共働き 家計 夫婦 分担】 私たち夫婦の場合

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s

基本的に毎月支払いが発生するものについては旦那の通帳から自動引き落としされています。

具体的には下記項目が旦那の通帳から自動で引き落としされるものたちです。

  • 光熱費
  • 水道代
  • 電話代およびインターネット代
  • 住宅ローン
  • 夫婦の携帯代
  • 双子保育料
  • 長男くん学童保育料
  • 旦那の生命保険料

 それに対し、私が毎月固定で支払っているものは下記になります。

  • 双子保育園の延長保育料
  • 自分の生命保険料

・・・・・・・・・・

すみません、これだけですm(_ _)m

また、下記2項目については、不定期に支払いが発生するものなので、どちらかが支払うようには決めていません。

  • 食費
  • ガソリン代

 「食費」については、その日その日で買い物に行ける方が行って支払っている感じです。

平日の買い物は旦那。

休日のまとめ買いは私、といったところでしょうか。

我が家、外食はめったにありませんので食費はそう高い方ではないと思っています。

また、「ガソリン代」についても、ガソリンの減りに気付いた方が給油して支払っています。

平日は私がガソリンを入れに行く時間はありませんので休日に遠出することの多い旦那が給油して支払っている回数の方が多いかもしれません。

【共働き 貯金】 我が家の場合 旦那編

旦那の給与が毎月いくら残っているのかわかっていません。現実を知るのが怖いです。

ただ、自動で通帳に貯蓄される仕組みは作っているようです。

その仕組みとは、住宅ローンが引き落とされる専用の通帳に毎月ローンの支払い金額よりも多い固定額が振り込まれるようにしていること。

(※旦那の会社は給与支払い口座を複数個指定できるため、給与の半分を?住宅ローン専用の通帳に振り込まれるようにしています。)

その通帳から住宅ローン以外で引き落とされることはありませんので毎月住宅ローンで支払った金額の残りが自動で貯まっていく仕組みです。

【共働き 貯金】 我が家の場合 わたし編

毎月給与の約半額と賞与の約半分を財形貯蓄しています。会社が3%の利子補給をしてくれますからこの制度を使わない手はありません。

それに加え、毎月個人年金で3万円の積立をしています。

生活費をほとんど支払っていないくせに貯金があまりできていないのが実情です。

昨年は、車検&車修理(私が払いました!)にお庭のリガーデン工事(旦那と折半!)とありましたので、本来なら全額貯蓄に回したい賞与も半分しか貯金することができませんでした。

それでも、もう少し貯蓄を意識して頑張ればもう少し貯められると思うので、今年は私の給与から毎月+2万円を目標に頑張りたいと思います!

・・・・・・・

以上、共働き世帯の「家計の分担」についてでした。

これって普通?

共働き家計管理。本当は妻である私が家計を管理したい。

2015.01.11

 











4 件のコメント

  • お疲れ様です。

    我が家も共働きで、家計は日々のお金は私が管理し、資産管理(教育費含)は夫がしています。結婚してすぐに、キャッシュカード・通帳・印鑑全て丸投げされました。夫は小遣い制でその他は私がやしくりし、ある程度まとまったら夫に資産運用してもらっています。お互いの懐はフルオープンで、定期的にお金の話はしています。

    お金は貯めるのも使うのも性格が出るので、家計管理も正解はないのですが、みっちーさんのお宅が普通かと聞かれたら、普通じゃないと思います。でも基本的に夫婦間でバランスがとれていることと、家族の将来のためのお金が貯まっているのならよいのではないでしょうか。貯蓄をお互い開示しようという雰囲気にならないのは少々不思議ですが。

    先日、夏に定年退職し年金生活の義父が、義母に小遣いが月10万ほしいと言ったという話を聞きました。義父は普通のサラリーマンです。義母は夫が中学生くらいの頃からフルタイムで働き、定年の少し前に体調を崩して退職しました。義父母は別財布だったようで、質素倹約の義母に対し義父は遊び人でゴルフも飲みも週1回の上に愛煙家です。そんな義父を義母は呆れて見守るだけだったようです。

    結局結婚しても子供がいてもずっと自分が好きなだけお金を使う生活をしていたから、定年してもお金を使う生活を続けてしまうのかなと思います。10万円は言い過ぎにしても、定年して時間がある今はパチンコとかも行っているみたいなので、そこそこのお金はほしいところでしょう。年金や貯蓄の管理は義母がやっているようです。

    夫婦別財布だと定年後に揉めたりとかしないんでしょうか?
    今回義父母のやりとりを見て、こんなこともあるんだなと思いました。

    • てつこさん

      お疲れ様です!うらやましいです。
      私もキャッシュカード・通帳・印鑑すべて丸投げされてみたいです!

      結婚当初は、私が管理するんだと意気込んだこともあったんです。
      でも私たち夫婦には、どちらかが管理する、というやり方は合っていませんでした。

      どちらかが管理しようとすればするほど揉めました。

      奥さんのお金の管理に協力的な旦那様なんて素敵です。
      奥さんがキーキー言いながらお金の管理をしている家庭の話を聞くと、旦那さんは本当に優しい方なんだなと思います。

      お金を管理すればするほどお互いに口うるさくなることが明らかに予想されます。
      お金の使い方に対する不満を言わないようにしたとしても、言うことを我慢することになるので明らかにストレスはたまるだろうなと思っています。

      だからと言って好きなだけ使うわけにはいかないので、すべての固定費の引き落としを旦那の通帳にし、旦那が好きに使えるお金を意図的に
      減らしました^^;

      我が家では今のやり方が一番折り合いがついているやり方であると思っています。

      私が仕事しているうちは、私が仕事していることで旦那の肩の荷が少しでも減って、趣味を楽しむ余裕も持てているのなら
      それでいいのかな、と思っています。

      とは言っても、子供が小さくてお金のかからない今が貯め時であると思うので、私が一万円でも多く自分の給与からの貯蓄を増やしていくことが
      今できることだと考えています。

  • はじめまして。
    我が家はほぼ同じ家計管理ですよ。
    夫婦別財布で固定費はなんとなく分担、変動費はその時次第。
    お互いの収支は知りません。
    私の周りの共働き家庭では意外と別財布は多いんですが、妻の収入が夫と同等かそれ以上の家庭によく見られます。

    • せんさん
      初めまして!初コメントありがとうございます。

      似ていますね・・・ちょと安心しました。

      私の周りでは、共働きでも奥さんがお金の管理をしているのがほとんどのように感じています。

      「おこずかい制」なんていう言葉に憧れてしまいます。
      そして何よりその「おこずかい制」に文句言わず従い自分が働いた給与を妻に託す世間一般的な旦那様に。
      そしてそれでも文句言ってる世の奥様たちが羨ましいです。

      私もそういう人と結婚したかったな・・・なんて思います。

      私の場合、本当は私がお金の管理はしたいけれど、自分がお金について口うるさく言われたくないし、言いたくもないので片目をつぶって現実逃避している感じでしょうか^^;

      前コメントにも書きましたが、お金の管理はしませんが、一万円でも多く貯めれる努力はしていこうと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です