女の子の顔に怪我

19時半過ぎ頃だったでしょうか、夕飯をもう少しで作り終えようとした時、残業中の旦那から電話がかかってきました。

長男くんが、学童で女の子の顔に怪我をさせたそうだと。

(学童から旦那の携帯に連絡があったそうです。)

すぐに私から学童に電話して、相手の親に謝罪するようにとの旦那からの連絡でした。

恐れていたことが現実になりました。

怪我をさせてしまった経緯

長男くんがゴムを飛ばす遊びをしていることを同級生で同じクラスの女の子が注意してくれたそうなんです。

それでも長男くんが止めないので女の子から「先生に言うよ」と言われたそうなんですが、そのことが面白くなかった長男くんは、女の子の顔に向けて輪ゴムを飛ばしたそうなんです。

その結果、輪ゴムは女の子の顔にあたり、みみず腫ができたとのこと。

女の子は痛くてずっと泣いていたと。

謝罪

まずは、学童の先生に電話をかけ謝罪。

そして、怪我をさせてしまった女の子とご両親に謝りたいということで(女の子の)連絡先を教えていただきました。

(※連絡先は、相手の親の了承をとった上で折り返しで教えていただきました。)

女の子のお父さんは「気にしなくていい。謝罪の電話なんて逆に困る。」とおっしゃってくださったそうなのですが、そういうわけにもいきません。

けれど、いざ、謝罪の電話をかけようとするも涙が出て言葉になりそうもなく、子機を片手に泣いていると旦那からまた電話がかかってきました。

「謝罪の電話は入れたのか?早くしろ!」と。

そんなこと分かってる。でも。

深呼吸をした後、女の子のお家に電話をかけました。

電話に出たのは女の子の兄?でしたがすぐにお父さんが電話に出てくださいました。

うちの子が、娘さんの顔に怪我をさせてしまったということを伝え謝罪。

怪我の状態を尋ねるも「大丈夫ですよ。お互い様ですから。」との言葉。

奥さまにもよろしくお伝えください、という私に、「息子さんにも気にしないように伝えてください」との言葉。

娘の顔を怪我させられたというのにこの対応。

申し訳なくて情けなくて悔しくて、電話を切った後も涙が止まりませんでした。

ことの重大さ

もしも輪ゴムが目にあたっていたとしたら。

ケロイド体質でみみず腫が跡になって残ってしまったとしたら。

考えると恐ろしくて震えてきます。

それなのに、当の本人は私が帰ってきてから私がこの事実を知るまでいつもと変わらない様子でした。

楽しそうに妹たちとゲームの話をしていた。

お友だちに怪我をさせておいてどうして平然といられるのか。

自分のしたことの重大さが分かっているのか?

小さい頃から何度も人にゴムを向けてはダメだと言ってきた。

この子は、もうすぐ3年生になろうかというのに「していいことと悪いこと」の区別もつかないのか。

上記経緯を(自分の口から)説明させた後、この家から出ていくように命令。

もう私も冷静ではありませんでした。

なかなか出ていかないので、木でできた鍋式を振りかざし、これを投げつけられたくなければ今すぐ出ていって!どうしてそんな平気な顔をしていられるのか分からない!お母さんの見えないところに行って!

言ってることと自分がやってることの矛盾を感じながらも、私自身がこの事実を受け入れることができませんでした。

どうしていいか分からない

長男くんに、英語を習わせたいなんて思ってた自分がバカみたいです。

人を傷つけても何の痛みも感じることができないようです。

泣いているのは私から怒られたからだと思います。

これでは、連日テレビで報道されている18歳少年と何ら変わらない。

どうしていいか分かりません。











6 件のコメント

  • いつも拝見させて頂いてます。

    あなたの息子さんと18歳の少年が同じわけない。

    こんなに真剣に息子さんと向き合って、息子さんのした事に心を痛めているみっちーさんのお子さんなら、きっときっと真っ直ぐ育ちます。
    すぐには理解できなくても、お母さんの涙をみて感じるところはあったと思います。

    • どらどらさん
      温かいコメントありがとうございます。
      後悔することがないよう、問題が起こればその都度事実を受けとめ、息子に一緒に考え伝え、正していきたいと思っています。
      最初にどらどらさんからのコメントを読ませていただいたとき、ありがたく涙がでました。
      本当にありがとうございました。
      今後も見守っていただけると嬉しいです。

  • こんにちは。
    秋頃に一度コメントしたきりですが、毎日見ています。

    ケガ、大変でしたね…
    絶望して、憎しみが湧くような気持ちお察しします。

    でもでも!
    私が記事を読んで思ったのは、輪ゴムでよかった♪と。
    石投げて流血ならビンタものですが、
    輪ゴムくらい許容範囲ですよ!全然大丈夫大丈夫。

    本人もやばいと思っていると思うので、
    ある程度で水に流してあげましょう。

    私も初めてコメントさせていただいた秋頃、
    仕事が非常に忙しくなり、年中の長男が荒れて全くいう事も聞かなくなって。

    私も申し訳なさから子供の機嫌をとったり怒ったり、大好きと言ってみたり…
    色々試しましたが、全然効果なく。
    しまいにはお友達を噛む始末で、仕事を辞めようかと考えました。

    でもある本と出会って数か月、今じゃ見違えるようないい子になりましたTT
    怒ってばかりいた時よりも、自主的にどんどん行動するように。
    できない部分は目をつぶって、できている所だけ褒めるのがポイントです。

    私も自己中で年上の夫との関係がうまくいかず、長年苦しんできたのですが、子供も夫も受け入れることで私自身とても楽になりました。

    最近追いつめられている感じがブログから伝わってきて、苦しかった当時の私とリンクしてしまって。何かの役に立てればと心から願います。
    回し者みたいですみません!!

    ■新・良妻賢母のすすめ
    ■叱るより聞くでうまくいく 子どもの心のコーチング: 和久田ミカ

    よかったら読んでみてくださいね。

    • テンパりママさん
      優しい励ましのメッセージありがとうございます!

      苦しい時期を乗り越えられたということでとても勇気づけられました。

      紹介いただいた本ですが、どちらも早速ポチりました!

      私が変わることで夫婦関係も子供の状態も良くなるのならいくらでも努力することができると思っています。
      そして、私も楽になりたい。

      だから今、学べることは学んでできることは何でもやっておきたい。

      テンパりママさんみたいに本から沢山のことを学びたいと思います!

      今後ともよろしくお願い致します(*^^*)

  • 事の重大さがわかっていないだけです。
    ゴムが目に入ったら…とか、痕が残ったら…なんて考え、
    たいがいの低学年男子は、持ちあわせていないのでは?
    お母さんが、泣いて叱って喚いて、初めて、事の重大さに気づくのでは
    ありませんか。

    私がもし、あなたでも、同じように逆上してしまうと思います。
    でも、第三者となれば、冷静に見ることができます。
    だから、第三者の立場として言いたいのです。

    息子さんは、事の重大さに、今、気づいたと思います。
    取り返しのつかないことになる前に、気づくことができたのだから
    よかったのですよ。

    英語の勉強をすることと、ゴムを飛ばしてしまったこととは別問題
    だと思います。
    一緒にしないであげてください。

    いつも、陰ながら応援しています。
    お母さん、がんばってるなー、すごいなー
    子供さんたち、かわいいなぁー
    そう思っています!!

    • akiさん
      事の重大さが分かっていない。まさにその通りだと思い、昨日長男くんに改めて話をしました。

      取り返しのつかないことになってしまっていたかもしれないということ。
      そうなれば、お母さんだってあなたを守りきれないということ。

      人を傷つけるということにどんな言い訳も通用しないということ。

      もしも双子の妹たちの顔に傷が残るような怪我をさせられたとしたらお母さんは絶対に許さないということ。

      何か起こってしまえば、「ごめんね」なんて何の意味もないこと。

      どこまで長男くんの心に伝わったかは分かりませんが、自分がしたことを認識し怖くなった感じは受けました。

      本日、担任から改めて女の子の傷は残っていない旨の確認の電話をいただき心底ほっとしています。

      温かいメッセージありがとうございました。
      今後ともよろしくお願い致します(*^^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です