ずんぐりむっくりれぽーと

見た目も生き様も「ずんぐりむっくり」。そんな私が「母として」「女性として」「主婦として」気になる事柄をずんぐりむっくりにレポートしています。

*

【お名前シール注文】お名前シールは必需品ではないけれどあると絶対に便利だと思う。

      2016/06/11

双子の娘たちの入学準備に伴い、楽天のお名前シール工場さんから「お名前シール」を購入しました。

お名前シールを購入した結果、あらためて「お名前シールはあった方がいい」と感じましたのでここにレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

入学説明会で購入した学用品はこんな感じ

先日、双子が入学予定の小学校にて入学説明会がありましたので行って参りました。

そして、説明会後に早速購入した二人分の学用品はこんな感じです↓

入学説明会で購入したもの一式

16-02-20-01-13-32-859_deco

この内、お名前シールで記名ができるものはこんな感じかな↓

16-02-20-01-14-01-127_deco

筆箱やえんぴつ以外にも記名が必要なものがたくさんあることが分かります。

覚悟はしていましたが、改めて目の前に並べてみると面倒くささが一気に込み上げてきました(>_<)

名前書きが必要なのは入学前だけではない!

入学にあたって長男くん一人のときでも大変だった記名作業。

そして今度は二人分。

面倒くさがりの私にとって「お名前シール」の購入はマストでした。

手書きの方が母の愛情を感じれるかもしれませんが、やはり記名作業は効率よく終わらせたくて(>_<)

(後、字が汚いのがコンプレックス汗)

そして、忘れてはならないのは、「記名作業は入学後も続く」ということなんです。

小学校生活が始まると、図工で使用する材料として「色鉛筆」や「マーカー」など持って行くときがすぐにやってきます。

我が家の場合ではありますが、1年生では、「足し算引き算カード」、2年生になれば「九九カード」にも名前書きが必要だったんです。

経験から言うと、足し算引き算カードや九九カード一枚一枚に名前を書くのは、子供一人でも想像以上に大変な作業でした。

また、絵具道具一式や書道の道具一式を購入する時期も気が付けばすぐにくるんですよね。

何が言いたいかというと、入学後も「記名」が必要になる場面は多々あるわけで、その時にお名前シールがあるのとないのとでは心の余裕が全然違うということ、つまり「お名前シールはないよりあった方がイイ」と思うということなんです。

私が購入したお名前シール

私が購入したお名前シールは下記の商品になります。

【耐水お名前シール 大容量318枚入】

70万枚販売★耐水お名前シール▼大容量318枚入▼【3%OFFクーポン使えます】☆漢字もOK☆…

価格:1,080円(税込)

ショップ:お名前シール工場

こちらの商品、人気商品ということだけあって予想していたよりもシールに厚みがありしっかりした商品でした。

1,080円でコスパを発揮してくれています。

ただ、2年生3年生まで使おうと思ったらシールの枚数を2倍にして欲しい、というのが超個人的な希望です。

スポンサーリンク

最後に

実際にシールを貼る作業をすると、ものすごく感じることがあります。

それは、「シールを貼るのも結構面倒」ということ(;´∀`)

シールを貼るだけでもこんなに面倒なのに、一つづつ名前を書くとなるともっともっと面倒ですし時間も取られると思います。

人に寄るところもあるかと思いますが、私は、お名前シールにとても助けられました。

~結論~

16-02-20-01-19-34-189_deco

お名前シールは必需品ではないが、あった方が便利なのは確かだと思う

こんな感じで双子の娘たちの入学準備、ちゃくちゃくと進んでおりますよ(*^^*)

スポンサーリンク

 - 入園・入学準備