野菜の冷凍保存ちょっと待った!冷凍しなくても鮮度を保てる保存方法があったんです!

16-09-22-20-35-06-732_deco

ついうっかり冷蔵庫の野菜を腐らせてしまうことってありませんか?

共働きしていたときは、何かしら悪くなった野菜が冷蔵庫の中に入っていたと思います。

専業主婦になった今でもついうっかり冷蔵庫の中でごぼうが干からびてしまったりするので、買い物の際は、極力その日に使う食材以外は買わないようにしていたりします。

それでも、野菜が安売りしているとついつい多めに買ってしまうのですが、そうなると、まとめ買いした野菜の鮮度をできるだけ保って保存したいもの。

だからって冷凍保存じゃないんです!

そこで今日は、野菜の冷凍保存を考える前に、冷凍しなくても野菜の鮮度を保って長持ちさせることができる魔法の保存袋についてご紹介させてください。

フェリシモが販売している「米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグ」をご存知ですか?

16-09-22-22-20-19-625_deco

魔法の保存袋とは、フェリシモから販売されている「米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグ」という商品です。

フェリシモ 【2個セット初回お試し】鮮度の違いに納得 米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグの会

このジップバッグは、ただの保存袋ではないんです!

このジップバッグには、「米ぬか」が練り込まれており、米ぬかが持つ成分(フェルラ酸)により抗菌・抗酸化作用を発揮してくれるという保存袋なんです。

袋に練り込まれた「米ぬか」が、黄色ブドウ球菌や大腸菌の繁殖を抑えてくれることで、鮮度がキープされ野菜や果物がぐんと長持ちさせてくれるというんですね。

ジップバッグは、手で触ると表面はザラザラしており、よく見ると袋に練り込まれた「米ぬか」がこの通り見えます↓

16-09-22-22-20-52-279_deco

そして、驚くことに、ジップバッグに顔を近づけると麦茶のような匂いがするんですよ!

ジップバッグなのに匂いまでするなんてただものではないこちらのジップバッグですが、早速、野菜を買ってきましてその効果を検証してみました。

ジップバッグの中に買ってきたばかりのほうれん草を入れてみたよ!

ジップバッグの効果を検証するために買ってきたのはほうれん草二束です。

ほうれん草二束の内一束だけをジップバッグの中に入れ、もう一束はそのままの状態で1週間冷蔵庫の中に放置してみることにしました。

ジップバッグありなしでの野菜の鮮度の違いを比較するために、同じ日に出荷されたであろう状態が同じほうれん草二束で比較しています。

【セッティング】

16-09-22-20-34-34-182_deco

二束の内一束だけをジップバッグの中入れることにします。

16-09-22-20-35-47-352_deco

ジップバッグの袋の口は大きく開きますので、ほうれん草一束を一度でスムーズに入れることができました。

16-09-22-20-35-24-849_deco

袋は柔らかすぎることもなく、自立することも可能ですのでとても扱いやすいです。

16-09-22-20-41-06-724_deco

ジップバッグの大きさは、ほうれん草一束を入れても余裕がある大きさですので、中に入っている野菜が袋により圧迫されることはありません。

通常のビニール袋で保存するのに比べて、ジップバッグは袋と野菜が密着しすぎないのでイイ感じです。

16-09-22-20-41-27-074_deco

できるだけ同じ条件のもとで保存するため野菜室の端に隣同士に置くことにしました。

16-09-22-20-41-54-954_deco

この状態でこのまま1週間放置します。

ほうれん草をジップバッグに入れ1週間放置してみた結果

さてさて、それでは早速、ほうれん草をジップバッグに入れて1週間放置してみた結果を見ていきたいと思います。

【ほうれん草購入日(1016.9.21】

16-09-22-20-39-23-196_deco
16-09-22-20-39-59-673_deco
16-09-22-20-40-49-469_deco

【1週間経過後(2016.9.29)】

16-09-29-10-37-18-212_deco
16-09-29-10-38-24-168_deco
16-09-29-10-39-04-467_deco

野菜の鮮度が全然違うのが分かりますでしょうか?

ジップバッグに保存していたほうれん草の葉がピンッとなっているのに対して、ジップバッグに保存していなかったほうれん草の葉は下向きにうなだれ傷みかけていることが分かります。

すごいです!

上記の結果の通り、カタログの商品説明に記載された「傷みやすい葉もの野菜を入れるとその効果は一目瞭然!」というのは本当でした。

最後に

いかがだったでしょうか?

いくら鮮度が保てるからと言っても野菜や果物を保存する袋なんて敢えて必要ないわという方が大半というところでしょうか。

確かに、野菜をまとめ買いしなければいいだけですし、絶対にないと困るものではないと思います。

けれど、「なくても特には困らないけれど、あれば確かに便利なもの」であることは言えると確信しました。

ほうれん草やブロッコリーにきゅうりたちが今めちゃくちゃ高いですよね。

特に我が家にとってきゅうりは、家族みんなが大好きな食材なのでほぼ毎日食べています。

そうなると、安いときにまとめ買いすることで何百円も節約できることを考えると、鮮度が保てる保存袋はないよりもやはりあった方がやはり便利なので今後も使用を続けてみたいと思っています。

フェリシモ 【2個セット初回お試し】鮮度の違いに納得 米ぬかからできた抗菌・鮮度保持ジップバッグの会

以上、この記事が野菜の保存方法について悩んでいらっしゃる方の参考になりましたら幸いです。

16-09-22-20-35-06-732_deco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です