繁忙期に『美ら海水族館』に行くなら心得ておきたいことを3つまとめてみました。

沖縄の人気No1スポットそれが「美ら海水族館」。

「美ら海水族館」は今や、沖縄旅行に行けば訪れること必須の観光スポットではないでしょうか。

もちろん私たち家族も美ら海水族館へ行ってきたのですが、美ら海水族館は沖縄北東に位置するため、那覇から向かえば一日がかり?恩納村(沖縄中央か)からでも半日がかりのお出かけになること必須です。

限られた旅行時間の中で、時間をかけて訪れる美ら海水族館ですから、せっかく行ってがっかりはしたくないですよね。

そこで繁忙期に子連れで美ら海水族館を訪れる方向けに私なりに伝えたいことを心得として3つまとめてみました。

心得1:繁忙期の美ら海水族館は魚より人の方が多い

私たちが美ら海水族館を訪れたのはGWという繁忙期です。

覚悟はしていましたが、それはそれはすごい人。

水槽の前は大勢の人でごった返していてゆっくり魚を鑑賞するという雰囲気ではありませんでした。

小学生の長男くんは水槽の中の魚の写真を沢山撮り水族館を満喫していましたが楽しめなかったのが一年生になる双子の娘たちです。

あまりの人の多さに楽しむことができず帰りたいと言い出す始末。

仕方がないので主人が二人連れて先に水族館を出ることにしました。

どれぐらい人が多かったかというとこんな感じです↓

水槽までが遠い・・・

IMG_20160502_114444

歩けば隣の人と方が触れ合います。

IMG_20160502_115230

一番大きな水槽前に続く通路は人で埋め尽くされています。

IMG_20160502_121906

この通り、繁忙期の美ら海水族館は、魚より人の方が多いので覚悟が必要です!

カップルなら昼よりも夜に訪れる方が賢明かもしれません。

心得2:子供は水族館の中よりも外の方がのびのび遊べる

水族館の中の混雑ぶりに嫌気がさした双子の娘たちですが、間もなくのびのびと遊べる場所を見つけました。

それは、水族館外に広がる海洋博公園「ちびっことりで」です。

16-05-16-12-03-44-099_deco

「ちびっことりで」は日本最大級のネット遊具をもつエリアというだけあって、とにかく広範囲に渡ってネット遊具が広がっていました。

これには子供たちも大興奮。

IMG_20160502_125924

この「ちびっことりで」を気に入った双子の娘たちは、水族館よりも長い時間ちびっことりでを満喫し遊び尽くすこととなりました。

せっかく水族館にきたのですから親としては水族館を楽しんで欲しかったですが、これはこれで、美ら海水族館の別の楽しみ方を見つけたようで嬉しかったです。

また、「ちびっことりで」は木陰もあり、腰を下ろすこともできましたので遊んでいる子供たちを心穏やかに見守ることができました。(これ大事)

IMG_20160502_130043

子供たちを遊ばせながら思ったのですが、美ら海水族館へ向かう途中にお弁当や軽食を事前に準備し、「ちびっことりで」にシートを敷いてピクニックランチでもよかったな、と。

余談ですが、お弁当を買ってこなかったことを後悔した私たちは、美ら海水族館を出た後「美ら海キッチン ぱぱいや」というお店でランチしましたよ♪

美ら海水族館周辺ランチは「美ら海きっちん ぱぱいや」で食べてきたよ♪

心得3:無料の写真撮影は無料と思うべからず

美ら海水族館に入館しましてすぐ左手で行われていたのが、カメラマンによる無料の記念写真撮影会でした。

お写真を一枚無料プレゼント!」

写真撮影のための行列ができていましたが私の強い希望で私たち家族もその行列に並ぶことにしました。

撮影が終了しましたら引換券を貰って、水族館出口にてプレゼント写真を受け取ることができるというシステムです。

16-05-16-11-39-54-110_deco

水族館出口のショップは、案の定、プレゼント写真の受け取りで列ができていました↓

IMG_20160502_124131

そして無料でゲットしたのはこちらの写真です汗↓

16-05-16-11-36-12-582_deco

そして、1,030円で購入した写真がこちらです↓

16-05-16-11-36-56-795_deco 16-05-16-11-36-31-485_deco

そうです。

無料のつもりが結局1,030円払って写真を購入する結果となりました(;´∀`)

なはははは。

無料という言葉に乗せられてちゃんと説明を読まないまま列に並んでしまいました。

この通り説明はちゃんと書いてありました↓

16-05-16-11-39-36-755_deco

無料でいただけるのは小さな小さなカードと一体化した写真だったんですね。

もちろん、写真を購入することは必須ではないですが、写真撮影を行えば有料の写真が欲しくなりますので購入の覚悟が必要です。

そういうわけで、説明をよく読み購入の覚悟を持って撮影の列に並ばれることをおすすめします!笑

最後に

繁忙期の美ら海水族館は行くだけでも渋滞が発生し疲れてしまいます。

やっと水族館の中に入ったかと思えばすごい人で特に小さい子供たちは、うちの子と同じように更に疲れてしまい思うように水族館を楽しめないこともあるかもしれません。

そんなときは、美ら海水族館外に広がる「ちびっことりで」で子供たちを思いっきり遊ばせてはいかがでしょうか?

また、ゆっくりお土産を選びたいのに子供がぐずぐず言ってるような場合には、旦那様もしくは奥様に子供たちをお願いして「ちびっことりで」で子供たちを遊ばせながらお土産を選んでいる間待っていてもらうというのがいいかもしれませんね。

以上、この記事が繁忙期に美ら海水族館へ行かれる方の参考になりましたら幸いです。

美ら海水族館の割引チケットはコンビニや道の駅「許田」で購入することができます。

美ら海水族館に行かれるなら割引チケットの購入は必須ですよ!

美ら海水族館割引チケットを最安値で購入しました!ローソン・ファミリーマート・道の駅「許田」の販売価格を比較!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です