本当に安かった!JINS眼鏡(メガネ)を5,800円(税抜)の値段で購入できた話

16-09-27-09-26-09-801_deco

JINS(ジンズ)というメガネ屋さんをご存知ですか?

メガネを紛失のため、近隣店舗のイオン内にあるJINSにて新しメガネを作ってきました。

その結果、予想以上に安い値段で納得できるメガネを作ることができましたのでここにレポートしたいと思います。

薄型非球面レンズを標準搭載で4,900円(税別)から購入できるって本当なの?

16-09-26-16-25-44-495_deco

上記の写真は、JINSにて標準搭載レンズの説明を受けたときに見せていただいた資料です。

見ていただいた通り、JINSの標準搭載レンズは「UVカット」や「撥水コート」機能を持った非球面設計の薄型レンズでした。

非球面レンズにするために追加料金がかかったり、レンズの厚さを薄くするために追加料金がかかるということはないということがわかりました。

店頭価格(4,900(税抜))から追加料金なしでこれだけ機能的なレンズのメガネを作ることができるんなんてすごいです。

Answer

JINSでは、追加料金なしで薄型非球面レンズを4,900円(税別)から購入することができる!

コンタクトレンズをしたままお店に行っても大丈夫なの?

メガネを買いにお店に行くにあたり、まず気になったのがコンタクトをしたまま行っても大丈夫なのか?ということです。

とういうことかというと、視力を計るときにコンタクトをはずさないといけないだろうから、そのときコンタクトを外して置いておける場所があるのかが分かりませんでした。

そのため、保存液を入れたコンタクトケースを持参したのですが、結果、コンタクトケースの持参は不要でした。

16-09-25-16-41-51-463_deco

この通り、JINS店内には「コンタクトケース」と「保存液」が用意されていました。

(※コンタクトケースは店員さんより清潔なものを手渡ししていただるので安心です。)

16-09-25-16-42-31-928_deco

使用済みのケースを置く場所もありました。

16-09-25-16-42-58-649_deco
Answer

コンタクトをしたままお店に行っても外したコンタクトを一時置きすることができるのでコンタクトケースを持参する必要はない!

「どんな度数でもレンズの追加料金0円」は本当なの?

JINSに行く前は、私のように目が悪い人はどうしてもレンズが厚くなってしまうのでレンズを薄くするために追加料金がかかるものだと思い込んでいました。

店頭で表示されている格安価格で眼鏡を購入できるのは、度数があまり高くない人に限られ、私のように目が悪い人は店頭価格に追加料金が加算されるので結局メガネの価格は店頭価格よりも高くなると思っていたんですね。

けれど、実際は違いました。

私が購入したのは店頭価格が5,900円(税抜)のこちらのメガネです↓

16-09-25-17-03-39-056_deco

そして実際に支払った金額は下記の通り↓

16-09-26-16-06-40-263_deco

購入価格は、6,372円で店頭価格(5,900円)に消費税(472円)が加算された金額となっています。

つまり、目がとても悪い(度数が強い)私でも追加料金なしで店頭表示価格のままメガネを購入することができたということになります。

Answer

どんなに目が悪くてもプラス料金0円で薄いレンズのメガネを作ることができる!

「買ったその日に最短30分でお渡しします」は本当なの?

JINSでメガネを購入する流れは、「視力検査⇔レンズとフレーム選び⇒支払い」となっていて、商品受け取りの前に支払いを済ませるようになっていました。

そして、「買ったその日に最短30分でお渡しします」の30分は、この支払いが終わってから商品受け渡しまでの時間だということが分かりました。

私の場合ですと、支払いが完了したのが「14:16」で、引き取り可能時間は「15:00以降」でした。↓

16-09-26-16-14-04-814_deco

待ち時間は約45分ということになりますので「最短30分」は超えてしまいましたが、約45分の待ち時間でメガネを受け取り、メガネを作ったその日にメガネを持ち帰ることができました。

Answer

最短30分は超えてしまったが約45分でメガネを受け取ることができた!

ただし、「買ったその日に、最短30分でお渡しします」の30分は、「支払い完了からメガネ受け取りまでの時間」であって視力検査を含めた時間ではないので注意が必要です。

プラス料金を支払えばレンズに機能性を追加することができる

JINSのメガネは、追加料金を支払えば、レンズに機能性を追加することができるようになっています。

つまり、標準搭載のレンズにはない機能性をジンズに追加しようと思ったら追加料金がかかるということになります。

標準搭載レンズ以外のレンズとしてどんなレンズがあるかというとこんな感じです(1例です)↓

【JINS SCREENカスタマイズタイプ】+¥4,000円(+税)

プラス4,000円を支払えば、パソコン・スマホなどのブルーライトから目を守ることができるレンズに変更することが可能です。

こちらは、「DAILY USE」「HEAVY USE」「NIGHT USE」の3タイプのレンズがありまして、使用する状況によってレンズを選ぶことができるようになっています。

(DAILY USE)

自然な見た目で日常使いにぴったりなブルーライト25%カットレンズ

16-09-26-16-58-12-455_deco

(HEAVY USE)

PC・スマホを長時間使用する人にぴったりなブルーライト38%カットレンズ

16-09-26-16-59-10-391_deco

(NIGHT USE)

寝る前に暗い部屋などで使用する人にぴったりなブルーライト60%カットレンズ

16-09-26-16-57-37-273_deco

この他にも、追加料金を支払えば、「カラーレンズ」や「累進レンズ」に変更することができるようになっていました。

JINSの保証期間はお渡し日より6ヶ月

気になるメガネの保証期間ですが、JINSでは「お渡し日より6ヶ月」となっていました。

この6ヶ月の間に、フレーム・レンズ合わせて2回まで無料で修理していただけるそうです。

小さな子供にフレームをボキッと折られても、枕元に置いていたメガネを踏んでレンズが割れたとしてもこれなら安心ですね。

ただし、保証対象外となる商品やパターンもあるので、購入される際はそのメガネが保証対象内のメガネであるか確認が必要です。

最後に

16-09-27-09-24-27-720_deco

目がとっても悪い(度数が強い)私でも、追加料金なしで非球面の薄型レンズのメガネを購入することができたことに驚いています。

ずいぶん以前ではありますが、他店舗でメガネを購入した際に、度数が強い私はレンズを薄くするために追加料金がかかってしまい結局思っていた価格でメガネを購入することができなかった経験があったので尚更です。

今は、「非球面」も「薄型」も標準搭載なんて本当にありがたいですね。

以上、この記事がJINSにてメガネの購入を考えていらっしゃる方の参考になりましたら幸いです。

16-09-27-09-26-09-801_deco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です