【口コミ】日立の掃除機「パワーブーストサイクロン」ではなく「2段ブーストサイクロン」という選択

日立の掃除機を購入しました。

迷い迷ってついてに購入したのは、日立のサイクロン掃除機(2段ブーストサイクロン)の型落ちモデルです。

私が購入した日立のサイクロン掃除機はコレ!

私は下記の掃除機をヤマダ電機で購入しました。

現在が2016年なので2015年製の型落ちモデルとなります。

購入価格は、19,800円(税別)です。

安いでしょ~!!!

掃除機を購入するにあたり私が重要視したポイントは二つ!

掃除機を買い替えるにあたり、私が重要視したポイントは二つです。

  • 掃除機のヘッドが寝せた状態で左右90℃に曲がること
  • サイクロン部のお手入れが簡単であること

いろいろと調べた結果、ヘッドを完全に寝せた状態で左右に90℃曲がるのは日立の掃除機だけでした。

16-08-16-14-24-20-109_deco

それでも日立に決めたいけれど決めきれない理由がありました。

それは、日立のサイクロン掃除機のサイクロン部のお手入れのしやすさの問題です。

店頭で実際にサイクロン部を分解してみようとしたのですが、直感では分解できなかったんですよ。

(実際に店頭でサイクロン部分を分解したのはこちらの商品です↓)

そして、なんとかサイクロン部を分解しても今度は上手にもとにもどせなくなってしまった。

また、サイクロン部は丸洗いできるけれど乾燥に時間がかかりそうだったんです。

ヘッドだけで見れば日立以外ないんだけれど、サイクロン部がどうしても気に入らない、という状況になってしまったんですね。

さてどうするか。

サイクロンはサイクロンでも「パワーブーストサイクロン」ではなく「2段ブーストサイクロン」という選択

日立の掃除機は大きく分けて3種類あります。

パワーブーストサイクロン」「2段ブーストサイクロン」「かるパック」の3種類です。

(「かるパック」は紙パック式の掃除機です。)

サイクロン掃除機である「パワーブーストサイクロン」と「2段ブーストサイクロン」の大きな違いは、サイクロン部分の作りです。

「パワーブーストサイクロン」がサイクロン部分とダストケースが一体化されているのに対して、「2段ブーストサイクロン」は、サイクロン部分とダストケース部分が独立していて2段に別れているんです。

16-08-16-15-28-33-301_deco

そのため、お手入れの際の分解も簡単で、何よりも、サイクロン部分のお手入れのしやすさを比較した場合、「パワーブーストサイクロン」に比べて、サイクロン部分とダストケースを個別にお手入れできる「2段ブーストサイクロン」の方が圧倒的に簡単であると感じました。(超個人的に)

そういうわけで、ヘッドが魅力的な日立のサイクロン掃除機であり、尚且つ、サイクロン部分のお手入れが簡単である「2段ブーストサイクロン」に決めました。

日立「2段ブーストサイクロン」掃除機のここが気に入っています!

「2段ブーストサイクロン」掃除機を実際に使用してみた感想を下記にまとめます。

「ダストケース」と「サイクロン室」が2段に分かれていることによりそれぞれ単体でのお手入れが可能

(本体からダストケースを取り外した状態)

16-08-16-15-29-01-148_deco

(さらに本体からサイクロン室を取り外した状態)

16-08-16-15-29-18-364_deco

サイクロン室がコンパクトでとにかくお手入れが簡単!

16-08-16-14-39-03-484_deco 16-08-16-14-39-36-672_deco

ダストボックスは分解できない構造になっているため、分解組み立ての煩わしさがない!(お手入れが簡単!)

16-08-16-14-48-14-763_deco

(ダストボックスを横に寝かせて蓋を開けた状態)

16-08-16-14-49-41-572_deco

(ダストボックス表側(立体フィルター側))

16-08-16-14-48-42-052_deco

(ダストボックス裏側(クリーンフィルター側))

16-08-16-14-49-05-875_deco

ダストケース内の立体フィルターにティッシュペーパーにを取り付けてそこにゴミを集めるため、掃除機内での吸収したゴミの拡散を最小限に抑えることができる(と感じる)

紙パック的効果あり?

16-08-16-14-20-55-206_deco

軽くて小回りがきく!

掃除機がクルクル回ってひっくり返らない!

16-08-16-14-32-40-611_deco

ヘッドの動きがすばらしい!(日立全般)

ヘッドをペタッと寝せた状態で左右に90度まがるのは本当に便利!

(ペタッと寝せた状態)

16-08-16-14-23-00-794_deco

(左に90度曲げた状態)

16-08-16-14-23-54-272_deco

「2段ブーストサイクロン」の最大の特徴は、ティッシュペーパーをダストボックスに取り付けるという斬新さ

「2段ブーストサイクロン掃除機」は、1段目のサイクロン室でゴミと空気を遠心分離した後、2段目のダストボックスでゴミを圧縮するようになっているんだとか。

gazou1

http://www.hitachi.co.jp/

そして、圧縮されたごみは、ダストボックス内のティッシュを取り付けた立体フィルターに溜められるという構造です。

そして気になるティッシュの取り付け方法なのですが、いたって簡単!

【ダストボックスへのテッシュペーパーの取り付け方】

本体よりダストボックスを取り外します↓

16-08-16-15-20-43-277_deco

ダストボックスの蓋をあけます↓

16-08-16-14-48-42-052_deco

ティッシュペーパーを立体フィルターにのせて固定します↓

16-08-16-14-50-13-430_deco

後は蓋を閉めるだけ↓

16-08-16-14-50-43-543_deco

使用後は、本体よりダストボックスを取り出した後、ワンプッシュで蓋が開けることにより、ティッシュペーパーごとゴミ箱にゴミを捨てることができます。

毎回のゴミ捨てが簡単で手軽なんです。

http://www.hitachi.co.jp/

http://www.hitachi.co.jp/

最後に

掃除機を買い替えるにあたり、いろいろと悩みましたが最終的に19,800円でという格安価格で満足のいく掃除機を購入することができました。

コンパクトで小回りも効きますし、軽いので2階への移動も楽々です。

何より感動したのが、ラグやキッチンマットの上の掃除機のかけやすさなんです。

これまでの掃除機は、ラグの上の掃除機をかけようと思ったらヘッドを上下に動かせなかったんですよ。

(ヘッドを前に押すことができないため、常にヘッドを引きながらかけていました。)

でも、「2段ブーストサイクロン掃除機」は違います!

ラグやキッチンマットの上でもスムーズにヘッドを上下に動かしながら掃除機をかけることができるようになりました

「2段ブーストサイクロン掃除機」に決めて後悔はありませんよ!

快適です!

以上、この記事が日立のサイクロン掃除機を検討されていらっしゃる方の参考になりましたら幸いです。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です