ずんぐりむっくりれぽーと

見た目も生き様も「ずんぐりむっくり」。そんな私が「母として」「女性として」「主婦として」気になる事柄をずんぐりむっくりにレポートしています。

*

ランドセル ふわりぃ3年目の使用感とランドセル購入時期を間違えてしまった件

      2015/09/12

約2年前に購入した長男くんのランドセルは「ふわりぃ」のランドセルです。

ふわりぃのランドセルを購入し実際に使用して3年目に突入したわけですが、「ふわりぃに決めてよかったと思う点」そして、「ふわりぃじゃなくてもよかったと思う点」、また「間違ってしまったランドセル購入時期」についてまとめてみました。

来年、双子が1年生になります。

ついにランドセルを2つ購入する時期が到来しました。

長男くんのときのランドセル購入の反省点を踏まえ、今回は早めに動き出したいと思います。

スポンサーリンク

長男のランドセルはふわりぃ

約2年前に長男のために購入したランドセルはふわりぃです。

※買ってくれたのは義理母です。

商品名:ふわりぃファンタジーゴールド(ブラック&グレー)

品番:03-71898

重量:1050g前後 

※2015年度新作では重量890gと一段と軽量化されているようです。

12センチワイドマチで、A4ポケットファイルもらくらく収納できるランドセルです。

※A4ポケットファイル(A4フラットファイル)とは、マチ幅のあるA4ファイルのことです。マチ幅のないA4クリアファイルよりも少し大きめの作りになっています。

ランドセル購入時期と購入店舗

近隣店舗のゆめタウンで確か3月頭に購入しました。

秋くらいからランドセル購入を意識していたもののあっという間に年明け。

ここまでくると、3月まで待てば安くなるだろうと勝手に想像していましたが、結果、安くならず。

購入価格ははっきり覚えていないのですが確かちょうど4万円くらいだったと思います。

ポイント10倍で購入しましたのでポイント還元率を差し引くと実質3万6000円くらいでの購入だったと思います。(記憶があいまいですみません)

ふわりぃに決めた理由

沢山のランドセルがある中でふわりぃに決めた理由はこうです。

A4ポケットファイル対応

A4ポケットファイル対応であることにこだわった理由は、幼稚園ママ友から、上の子でA4ファイル対応じゃないランドセルで困ったという話を聞いていたからです。

それなら「大は小を兼ねる」という考えのもと、A4ポケットファイル対応のふわりぃに決めました。

この通りA4ポケットファイルもらくらくに収納できます。

(ランドセル中央にA4ポケットファイルを入れてみた様子)

2015-05-08-22-32-05_deco

(ランドセル奥にA4ポケットファイルを入れてみた様子)

2015-05-08-22-32-38_deco

(横から見た様子)

2015-05-08-22-33-07_deco

この通り、A4ポケットファイルを余裕で収納できるのがふわりぃです。

収納力がダントツな上に軽い

名前が「ふわりぃ」というだけあって「ふんわり軽い」のがふわりぃのランドセルです。

長男くんが2年前に購入したランドセルの重量は約1,050g。

2015年最新版では、重量890gとさらに軽量化されました。

2016年度版はさらに軽量されることを期待してしまいます。

ちなみに、不動の人気を誇る天使のはねのランドセルで、A4ポケットファイルに対応したタイプの重量は約1,185g。

※モデルロイヤルベーシック女の子参照

大した違いはないですが、天使のはねに比べふわりぃの方がマチ幅などランドセル自体が大きいことを考えると、やはり、それでも軽いふわりぃはとても軽い作りであることが分かります。

妥当な価格

ランドセルの価格についてですが、高額過ぎることに違和感を感じています。

2万円程度で購入できるランドセルもあるようですが、7万とか8万とかするランドセルもありますよね。汗。

我が家ではさすがに7万とか8万するランドセルは選択肢の中には入ってきません。

不動の人気を誇る「天使のはね」でも5~6万しますよね。。高い!

ですので、量販店の格安ランドセルでもない妥当な価格帯(超個人的に3万~4万円代)で購入できるあるふわりぃに決めました。

ふわりぃの3年目の使用感

先日、長男くんのランドセルを見た姉からこう言われてしまいました。

なんか〇〇のランドセルぼろぼろじゃない??

ええええええーーーー

はっきりと言ってくれちゃうわけですが、私はまだ長男くんのランドセルしか買っていないので比較対象がなく反論できず。

4年目に突中する甥っ子のランドセルの方が断然しっかりしていると言うんです。

長男くんのランドセルはこんな感じです。

(ランドセル側面その1)

なんだかしわが目立つ?12センチもマチがあるから?

2015-05-08-22-21-51_deco

(ランドセル上から)

なんか凹んでる?汗

2015-05-08-22-23-19_deco

(ランドセルかぶせなし)

なんだかつぶれて見えるのは気のせい?汗汗

2015-05-08-22-25-29_deco

(ランドセル側面その2)

このカーブは普通じゃない??汗汗汗

2015-05-08-22-27-37_deco

その後、双子の妹にまで同じ突っ込みをいただきました。

ふわりぃは、ふんわり軽いから素材自体もやわらかくて型崩れしやすいってことなのかしら・・・

それとも長男くんがランドセル投げたり乱暴にランドセルを扱ったからかしら・・・

姉も妹も甥っ子姪っ子とランドセルを購入していますが全て「天使のはね」を購入しています。

なんだか悔しいので、実際に姪っ子の「天使のはね」と長男くんの「ふわりぃ」を並べ比較したいと思っています。

その結果についてはまた後日記事をアップします。

ふわりぃじゃなくてもよかった点

ふわりぃを購入したけれど、「ふわりぃじゃなくてもよかった点」はこうです。

A4フラットファイル対応じゃなくてもよかった

現在、3年生ですがA4ポケットファイルを持って行くことはまだありません。

ただし、入学した時から毎日使用する連絡帳袋はA4サイズに対応した大きなものです。

それでも、A4クリアファイルに対応していれば十分だと感じています。

理由は、A4ポケットファイルに対応していることでランドセルが無駄に大きいからです。

パッと見、他のランドセルに比べて大きいです。

また、毎日ランドセルスペースを無駄にもて余してる感が否めません。

※サイズは各社HPを参照ください。

軽いようで軽くないかもしれない

ふわりぃは大きさの割りに重量は軽い作りになっています。

けれど、ランドセルが大きいため、ランドセルの中身が常に移動してしまうことで、そのたびに肩に負荷がかかりその分重たく感じてしまっているのではないかと思ったりします。

検証したわけではありませんので、実際のところは分かりませんが、ふわりぃランドセルの付属品として「仕切り」が販売されていることからもそうなのかなと感じています。

ふわりぃに決めてよかった点

この記事は決してふわりぃランドセルを批判しているものではありません。

もちろん、ふわりぃを購入したことに後悔もしていません。

誤解のないようにふわりぃに決めてよかったと思っている最大の理由を記載します。

ズバリ

ランドセルの作りが大きいため、ランドセルの中に何でも入る

です。

少し大きめの絵本も体操服袋も上靴もエプロンもランドセルの中に入れることができます。

すぐに物を無くしてしまい手に荷物を持つことを嫌がるうちの長男くんにはぴったりでした。

水筒も毎日ランドセルの中に入れて持って行っているくらいです。

これには、私も安心することができるので助かっています。

スポンサーリンク

ランドセル購入における2年前の反省点はズバリ購入時期

ランドセル購入にあたっての2年前の反省点はズバリ「購入時期」です。

3月になれば売れ残ったランドセルが安くなると思い込んでいました。

でも違うんですね。

3月に売れ残った商品は次年度のランドセル商戦で「型落ちランドセル」として2度目の出番があるので特に3月だからといって値段が下がることはありませんでした。

実際に、私が購入した「ふわりぃ」の現在の値段を確認したところ、早割で10%引きで購入できるようです。※2015.5.8現在

3月まで待っても安くはならない

早期割りや年末年始、各店舗の創業祭など割引率やポイント還元のタイミングを見計らって購入した方が安く購入できます。

私が購入したゆめタウンだと、「10%引き+ポイント10倍」という具合です。

3月まで待った結果、なんとかポイント10倍では購入することはできましたが、10%引きにはなりませんでした。涙。

ランドセル商戦が旬なうちに購入すべし。

3月になれば売り切れるデザインも多くなるため選ぶことができなくなる上にポイント還元などの割引も明らかに減ります。

最後に

双子のランドセルをこれから選ぶわけですが、正直なところ、各メーカー大差はないと思っています。

どのメーカーを見ても、耐久性はもちろん子供に負担がかからない作りになっているわけで、製造方法や技術は違っても、各メーカーが研究に研究を重ね自信を持って販売しているランドセルであることに代わりはないと思っています。

そこにデザイン料やブランド料が追加されることで高額なランドセルが存在している。

はっきり言ってしまうと、正直なところ違いがよくわからない。

それを考えれば、「高額=優れている」という考え方は止めて、妥当だと思える価格帯で双子が「これがいい!」と自分で選んだランドセルを買ってあげることが一番かなと思っています。

スポンサーリンク

 - ランドセル選び, 入園・入学準備