私は本当に「専業主婦になりたい」のか?

2003年に大学を卒業し今の会社に入社しまして、2016年の今年で13年目となりました。

その間、結婚と2度の出産を経て現在に至ります。

13年目と言いましても、育児休暇や双子妊娠による傷病休暇が勤続年数に含まれませんので、実際の勤続年数はやっと10年を迎え、先月ついに私も永年勤続10年の表彰をいただいたところです。

母としてあるべき姿と実際のギャップ

入社して3年目の2006年に結婚、そして同年に長男くんを出産しました。

そのため、私の会社人生の大半はワーキングマザーとして過ごしてきたことになります。

2016年の今年、子供たちは全員小学生に上りましたが、直近の5年は毎日息をするのが苦しくなるぐらい時間に追われる毎日を過ごしてきました。

自分が思い描く理想の母親とはかけ離れた自分自身に苛立ち、子供たちに申し訳なく感じる毎日。

だからと言って子供たちのことを上手にフォローしてあげることもできずとにかく1日1日をギリギリのところで過ごしてきました。

仕事が終わって自宅に帰り着くのは19時過ぎです。

それから夕飯を作って21時に子供たちを寝かせようと思ったら、毎日急かして怒ってばかりのお母さんになっていました。

子供たちが寝た後の時間を上手に使うことができれば家の中の状況は違ったのかもしれませんが、子供たちを寝かしつけると同時に私も寝落ちしてしまうだめな私です。

家の中はぐちゃぐちゃ。

洗濯物は週末に1週間分まとめてたたむのも珍しくありません。

子供たちが小さい頃は外食するのも大変だったため頑張って作っていましたが、全員小学生になった今、外食が圧倒的に楽になってしまい、ここ最近の我が家の夕食は「外食」か「スーパーのお惣菜」が当たり前になっている状況です。

30分残業すれば帰り着くのは19時半です。

19時半になると最寄りのスーパーのお惣菜が半額になるんですよ~お寿司とかお刺身とかも全部。

お刺身やお寿司が大好きな子供たちはこれには大喜びでこれを利用する手はないな!と。

でも思うんです。

私がなりたかったはずの母親と今の私は大きく違っているな、と。

なんなんだろうこの罪悪感は。

どうして私は働くのか?

どうして私はこれまで仕事を続けてきたのか理由を考えてみました。

一番は「お金のため」ですが、改めて考えてみるとお金と同じくらい大きな理由があったんです。

それはおそらく「私自身が、妻でも母でもない私の存在が好きだから」なんだと思うんです。

もっと深く自分を追求するとしたら、私は子供のころからとにかく自分に自信がないんですよ。

自分に自信がない私は、毎日忙しくバタバタして息が苦しくてもそこに自分の存在価値を見出していたんです。

常に頑張っていないと誰にも認めてもらえないような焦りのようなものを感じてしまうんです。

意味わからないですよね、でも、そうなんです。

だから私は、これまでどんなに大変でも仕事を辞めずにここまでやってきたんだと思います。

なんか変な人なんですよ私。

私は専業主婦になりたいのか?

常に全力でいないと自分自身に存在価値を見出すことができない私は、本当に専業主婦になりたいと本気で思っているのか考えてみました。

その結果、私には以下二つの選択肢があることが分かりました。

仕事をこのまま続けながら、母親としてのスキルアップを目指す。(=更なる精神力と努力が必要)

OR

仕事を辞め、家族や子供にとってベストな生活を提供する。(=時間に余裕が生まれ家族は喜ぶが自尊心低下の恐れあり)

私って家族や子供たちが大事なんて言いながら結局は自分が一番かわいいんですね。

自分が思い描く母親にもなりたい、けれど仕事を続けて家庭以外の自分の居場所も欲しい。

わがままなんですねわたし。

どうしたら幸せな専業主婦になれるのか?

私という人は、不器用で仕事と家事と育児を上手に両立なんてできないくせに、バタバタと忙しくしていないと自分に存在価値を見出せない人間であるということが分かったわけですが、そんな私は幸せな専業主婦になれるのでしょうか?

会社という居場所を失い、このまま専業主婦になったらそれこそ自分に自信が持てなくなる。

そんな不安をぬぐいきれません。

でもですね、専業主婦になることで会社という居場所を失うことに猛烈に不安を感じていた私に信頼できる方からこの言葉をいただきました。

会社があなたにとっての居場所ではなくなっただけ」だと。

つまりこういうことです。

これまでの私にとって会社は自分の居場所であったかもしれないが、今そして今後の私にとって会社は私のいる場所ではなくなった、ということです。

恋人同士に例えるとすれば、最初は居心地が良かったはずの相手でも、長くいるといろんな要素が絡んできてそこは自分の居場所ではなくなって別れることになる、というのと同じ考え方だそうです。

当たり前のことなんですが、私はこの言葉に救われました。

そうです!

私は会社という居場所を失うのではなく、会社は私にとっての居場所ではなくなったんです!

だから私は安心して専業主婦になっていいんです!

35歳女、これからの私の居場所は会社から家庭に遷移を遂げます。

会社が私にとっての第一ステージだったとするならば、家庭はこれから新たに始まる第二ステージだと考えるようにしました。

ただの強がりといえばその通りなのでそこはご容赦ください。汗

そういうわけで私、幸せな専業主婦になれるような気がしてきました(*^^*)

最後に

ca04a31470f09905126307f610ce3cea_s

どうして突然こんな記事を書いたかというとそれは、自分の気持ちを整理するためです。

もうお分かりだと思いますが、会社は退職します。

会社という居場所はなくなっても、家庭という新たな居場所で、自分で納得できる母親になってそこに自分の存在価値を見出してみせます。

会社を退職することでお金は失いますがその代わりに時間が手に入ります。

時間が生み出してくれるであろう可能性は無限だと思っていますので今まで以上に時間を大切に使っていくつもりです。

ここまで書いて答えがはっきりしました。

「私は本当に専業主婦になりたいのか?」の答えは、「なってみせる!」ですね。










12 件のコメント

  • お仕事辞めてしまうのですね。

    正直、もったいないと思ってしまいました。お子さん達も小学生になり、大変な時期を乗り越え、これからなのに~と。

    専業主婦はWMとは違う大変さがあると思います。頑張って下さいね
    これからもブログ楽しみにしています。

    • アリスさん
      早速のコメントありがとうございます!
      「もったいない」と言われてものすごく同様しているわたくしです笑

      でもですね、アリスさんがおっしゃるように専業主婦には専業主婦の大変さもあると思いますし、楽しみもあると思います。
      今はまだ知らないこれから知る世界に今はわくわくしているんですよ^^

      >これからもブログ楽しみにしています。
      ありがとうございます!嬉しいです(*^^*)

  • みっちーさん退職されるのですね。休職と言う事は出来ないのですか?私は勤続22年とちょっとで妊娠、産休育休で復帰しましたが会社の女上司に教育という名のイジメにあい精神的にも身体的にも病んで耐えきれず辞めてしまいました。周りからはやはり勿体無いと言われましたよ。けれどその会社には未練はないけど仕事はしたかったです。子供も幼稚園に行きだしたので仕事をしたいのですが高齢ですのでなかなか上手くいきません。みっちーさんは若いから仕事が見つかりやすい内に社会復帰をオススメします。老婆心ですので嫌なことを言っているようでしたらゴメンなさい。色々、家庭や子供さんのことを考えての退職でしょうから今まで十分に出来なかったことしたかったを楽しんで下さい。同じ福岡から応援してます。

    • ワンちゃんさん
      老婆心で嫌なことなんてとんでもないです!
      コメントめちゃくちゃ嬉しいです。
      ワンちゃんさんも大変な思いをされたんですね。
      「会社に未練はないけれど仕事はしたかった」ですか。なんだか心に響きます。

      確かに私はまだ高齢という年齢ではありませんが、
      これから正社員で仕事を探して再就職できるほど世の中甘くないんでしょうね(>_< ) ただ、近い将来、正社員ではなくともなんらかの形で社会復帰することは考えています。 もちろん、家庭生活に支障のない範囲内でですけどね(*^^*) ワンちゃんさんがおっしゃるように休職も考えました。 休職すれば最大で1年半休むことができたわけですが、一年半後に今私がいるポストが空いているとも限りません。 また、休職して戻ってきて欲しいほど自分が必要とされている人材ではないことは十分承知しています。 その結果、休職ではなく退職することにしました。 これまで2度の育児休暇に双子妊娠による傷病休暇、そして短縮勤務と会社の制度は十分に利用させていただいてきましたので もうこれ以上はなんだか申し訳なく感じてしまいました。 これからは、ワンちゃんさんのおっしゃる通り、今まで十分にできなかったことしたかったことを楽しむ時間をいただきたいと思います。 >同じ福岡から応援してます。
      ありがとうございます!!!
      私もわんちゃんさんのこと陰ながら応援させていただきます(*^^*)

  • 以前一度だけコメントさせて頂いたどらどらです。
    いつも陰ながら応援させて頂いておりました!

    同じくワーキングマザー、私も2度の出産を経て今年で勤続15年目です。(多分住まいも同じF県です)

    今回の記事を読んで、私が働き続けている理由も、みっちーさんによく似てると思いました。

    2人共産後6ヶ月で復帰し時短も取らず頑張ってきたのですが、上の娘が小学生になったこの4月に、共働きに限界を感じてしまいました・・・。

    理由は学童です。
    学童嫌さに、学校まで嫌いになりかけて、このまま保健室登校になるのでは,,という状況に陥ってしまいました。

    毎朝毎晩泣き叫ぶ娘を前に、これまでいっぱい我慢させて
    きたんだなーーと、今さらながらこの6年間を振り返り、
    けれど辞める決心もつかず、時短勤務を選びました。

    同じくワーキングマザーがたくさんいる中で
    うちの部署には時短をとってる人はおらずとても肩身が狭いのですが、もうそんなのは気にしてられない状況で、、。

    6時間勤務で15時過ぎに帰れるなら、家のこと、子供のことも、もう少し手を掛けられます。
    時短は当然の権利で取得できると思うのですが、みっちーさんの会社では難しかったのでしょうか・・?
    もう退職されることを決意されているようなので、今更遅いんですが、そういう選択肢も無かったのかなと残念で,,。

    でも今はゆっくり休んで考える時期かも知れませんし、みっちーさんの選択を応援させて頂きます☆

    • どらどらさん
      >いつも陰ながら応援させて頂いておりました!
      冒頭からなんという嬉しいお言葉、本当にありがとうございます!

      学童大変でしたね。
      会社で肩身が狭い思いをすることになっても子供さんのために時短勤務を選ばれたんですね。素敵だと思います。
      そしてそれは、きっと後悔しない選択だと私は思います。
      時短勤務だからこそ苦労する部分もあると思いますが、無理されないでできる範囲で頑張ってくださいね!

      >時短は当然の権利で取得できると思うのですが、みっちーさんの会社では難しかったのでしょうか・・?
      取得しようと思えば取得できたと思います。
      ただ、時短を取得しても仕事量は減らず、残業で対応することになりそうだったので時短取得ということは考えませんでした。

      >今はゆっくり休んで考える時期かも知れませんし、みっちーさんの選択を応援させて頂きます☆
      背中を押していただいてありがとうございます!
      嬉しいです。
      ここだけの話、このままただの専業主婦で終わるつもりはありませんので引き続き応援よろしくお願いします!(*^^*)!

  • 初めまして。
    前タイトルの時から ずっと見させていただいて 陰ながら応援していました!今回 びっくりして初めてコメントします。

    同じワーキングマザーとして 勝手に同士のような気持ちでいました。退職されるのは残念ではありますが、みっちーさんが悩みに悩んで出した答え、応援したいと思います。
    ワーキングマザーって ほんとに毎日が綱渡りで 一週間乗り切った、一年なんとかやってこれた…と思いながら私は過ごしています。
    そんな中で 長男くんのことや旦那さん、もちろん双子ちゃんのことを考えながら すごく みっちーさん 頑張ってるなあと思ってました。

    退職された決め手は分かりませんが、一旦は家族のために生活して また社会へ戻ることもできます。この時期の家族との時間は今しかないと思うと その選択肢もひとつかと思います。
    どちらにしろ 悩まれて出された決断です、スッキリされたかと思います。新たな楽しみも色々あると思います 頑張ってください!
    ブログはこれからも楽しみにしています よろしくお願いしますね^_^

    • まーさん
      初めまして、コメントありがとうございます!
      前タイトルの時から当ブログをご覧いただき今回の記事で初コメントをいただけたなんて嬉しいです!

      >ワーキングマザーって ほんとに毎日が綱渡りで 一週間乗り切った、一年なんとかやってこれた…と思いながら私は過ごしています。
      ほんっっとその通りだと思います。
      1日1日を何とか乗り切って、その結果気が付けば1年経過したという感覚ですよね笑

      ワーキングマザーの大変さは半端ないですよね本当に(>_< ) 私はこれ以上頑張ることができなくなってしまって情けない気持ちもありますが、 自分の中で何か柱を作ってこれからも自分らしくありたいと考えています。 これで私の人生終わったわけじゃないんですもんね! まーさんのおっしゃるとおり、一旦は家族のために生活してまた何らかの形で社会に戻ることもできるんですよね! そう考えるとなんだか安心した気持ちで、これからの生活を楽しむことができそうです。 ありがとうございます(*^^*) >ブログはこれからも楽しみにしています よろしくお願いしますね^_^
      はいっ!
      会社を退職したことですし、専業主婦になって感じるアレコレを以前のような調子で書く記事を増やしていこうと考えていますので
      こちらこそよろしくお願いします!(*^^*)!

  • ご無沙汰しております。
    お仕事辞められるということで驚きました。
    でも恐らくみっちーさんの中でずっと悩んでいたことだと思うので、みっちーさんの選択を応援します。お疲れさまでした。

    何度かコメントさせていただいた中で、私自身のことをどのくらい書いたのか覚えてないんですが、私は上の子が小学生になったタイミングでフルタイムの仕事を辞め、現在は在宅で仕事をしています。勤めていた時から専門職でしたので、そのスキルを使っての仕事です。幸い良心的な取引先に恵まれ、いいバランスで仕事ができています。ちなみに年収は下がりました(苦笑)

    時間の問題は本当に悩ましいですよね。子育てと母親の気持ち(時間)の余裕というのは大きく関係するなといつも思います。

    みっちーさんは、忙しい自分=存在価値と書いていらっしゃいますが、単に性格上忙しい方が性に合っているということもありますよ。私もそうです。ボーッしている自分は好きじゃないんです。

    母・妻・一人の人間としての丁度いいバランスは人によって違いますよね。自分や子供の年齢によっても変わるものだし。いつも思うのが、もっと柔軟な働き方が選択できればいいのにということ。フルタイムを辞めるか辞めないかではなく、中間くらいの選択肢が広がれば女性はもっと楽に働けるんじゃないかと以前から思っています。

    みっちーさんは本当に頑張ってこられたと思いますよ。暫くはゆっくり休んでご自分を労る時間を作って下さいね。本当にお疲れさまでした。

    • てつこさん
      お久ぶりです!
      てつこさんは、上のお子さんが小学生になったタイミングで会社を退職されて在宅でお仕事をされていらっしゃったのですね。
      専門職ということで仕事を続けることはできたとしても大きな決断だったと思います。
      その結果、良心的な取引先にも恵まれいいバランスで仕事ができるなんて羨ましい限りですよ!

      何だかてつこさんが私の「希望の星」に見えてきました。

      というのも、今すぐにではないですが近い将来私も在宅での仕事を考えています。
      むろんてつこさんのようなスキルは持っておりませんので大した仕事ではないですが考えていることがあります。

      ですので、てつこさんはまさに私の「希望の星」というわけです。
      近い将来、てつこさんのように家庭と仕事といいバランスでやっていけるようになったらどんなに素敵なことか!

      >母・妻・一人の人間としての丁度いいバランスは人によって違いますよね。
      はい、きっと誰もがバランスとりながら生きているんですよね。

      今の私はそのバランスが大きく変わろうとしてしまっているがためにこんなに不安になってしまったんだと思います。
      そしてそのバランスは、「自分や子供の年齢によっても変わるもの」ですか、なるほどです。

      自分自身の年齢や自分を取り巻く環境も変わっていく中で、自分の居場所(存在価値)を見つけ、臨機応変に適応する能力が必要不可欠ということですよね。

      >いつも思うのが、もっと柔軟な働き方が選択できればいいのにということ。フルタイムを辞めるか辞めないかではなく、
      >中間くらいの選択肢が広がれば女性はもっと楽に働けるんじゃないかと以前から思っています。
      おっしゃる通り、フルタイムの正社員とパートタイマーの中間の選択肢が確かにあっていいと思います!
      正社員とパートではあまりに待遇に差がありますし、パートタイマーで働くなら専業主婦に徹した方が効率的ではないか思ってしまいますから。

      >みっちーさんは本当に頑張ってこられたと思いますよ。
      >暫くはゆっくり休んでご自分を労る時間を作って下さいね。
      ありがとうございます。
      何だか自分が情けなく感じていましたのでそう言っていただけると本当に励まされますし、前向きになることができます。
      本当にありがとうございました!(*^^*)!

  • お疲れ様でした。いまのご家族に一番いい選択だったのだと思います。
    いまは専業でも、数年後パートでも、社会復帰出来ますし、その時その時で合った働き方がありますよね。

    お金は欲しいけどあまりに犠牲になるものが多すぎると、無理になってきますしね。

    しばらくはゆっくり休んで、のんびりと家事をしたりリフレッシュしてくださいね!

    • ちいさん
      温かいメッセージありがとうございます!

      >いまのご家族に一番いい選択だったのだと思います。
      そう言っていただけて本当に嬉しいです。
      自分自身にずっとそう言い聞かせてきましたから、他の誰かにそう言ってもらえると安心できます。
      本当にありがとうございます。

      ちいさんのおっしゃる通り、専業主婦になっても、社会復帰したくなったら、その時できる働き方で無理しない範囲で社会復帰すればいいんですもんね!
      うん!うん!です!です!

      >しばらくはゆっくり休んで、のんびりと家事をしたりリフレッシュしてくださいね!
      はい!
      早速料理本を3冊購入しました笑
      今まで手をかけられなかった部分に自分が納得できるまで手をかけていきたいと思っています(#^^#)
      ありがとうございました!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です