食器棚シートおすすめ!「IKEA(イケア)」「3COINS」「セリア」の食器棚シートを比較して私が決めたそれぞれの使用場所はココ!

食器棚の断捨離に伴い食器棚シートを新しいものに取り換えました。

おすすめとされる食器棚シートが沢山ある中で私が目を付けたのが「ikea(イケア)」「3COINS」「セリア」の食器棚シートです。

迷いに迷った結果、3種類全てを実際に買ってみて比較することにしました。

実際に3種を比較してみると、それぞれに良さがあることが分かりましたので、それぞれの食器棚シートの「特徴」と私なりの食器棚シートの「使い分け」をご紹介したいと思います。

「IKEA」「3COINS」「セリア」の食器棚シートに興味がある方はぜひ読んでみてください。

不動の人気!IKEAの食器棚シート(VARIERA)の魅力はシンプルなデザインと機能性にあり!

著名なインテリアブロガーさんがこぞっておすすめしている食器棚シートがIKEAの食器棚シートです。

北欧インテリアを愛する妹も食器棚シートと言えばIKEAの食器棚シートだと言っていました。

えっ?そうなの?

IKEAの食器棚シートが、インテリアにうるさい方々からなぜこんなにも人気があるのか気になりますよね?

私が実際に購入して分かったIKEAの食器棚シート(VARIERA)の特徴を下記にまとめるとこんな感じです↓

【IKEA食器棚シート(VARIERA)の特徴】

  • しっかりした厚みと素材に固さがある(=めちゃくちゃ頑丈!)
  • 表面が凸凹しているため食器や調理器具が滑りにくい(=急な引き出しの開け閉めの際にも引き出しの中身が動かない)
  • 撥水性に優れている(=汚れたら拭き取りやすい)
  • カラーは「ホワイト」と「透明」の2色で柄はなし(=シンプルなデザインでインテリアの邪魔をしない)

ずばり、IKEAの食器棚シート(VARIERA)は、「シンプル でインテリアを選ばないから使いやすい!」かつ「滑り止めなど機能性に優れていめちゃくちゃ頑丈!」です。

個人的には、IKEAの食器棚シート(VARIERA)は、食器棚というよりは重たい鍋などの調理器具を収納するキッチン下収納にとても向いていると思います。

我が家の重たい土鍋を置いてもシートがずれて動きません!

鍋を出し入れする際に、シートのずれを気にしなくてよいのでストレスフリーです。

また、シンプルな人ほどおしゃれですよね?

そう考えると、主張しないIKEAの食器棚シート(VARIERA)のシンプルさがインテリアブロガーさんの人気を集めているのだとしたらなるほど納得です。

これイイ!3COINSの食器棚シートはおしゃれで厚みもあってコスパ最高!

300円という低価格であるにも関わらず北欧インテリアを思わせるほどデザイン性が抜群なのが3COINSの食器棚シートです。

めちゃくちゃかわいいです。

私が実際に購入して分かった3COINSの食器棚シートの特徴を下記にまとめるとこんな感じです↓

【3COINSの食器棚シートの特徴】

  • とにかくデザインがおしゃれ(=北欧インテリア風のデザインが300円に見えない)
  • サイズが3m(幅60㎝)と大きいのに300円と低価格(=コスパ最高!)
  • 3m(幅60㎝)という大きさが使用場所を選ばない(=大は小を兼ねる!)

ずばり、3COINSの食器棚シートは、「北欧風のデザインがおしゃれ!」かつ「程よい厚みがちょうどいい!」です。

ただ、素材的にIKEAの食器棚シートに比べると多少浮きやすくずれやすいです。

ですが、60㎝幅で3mの長さで300円という価格を考えると十分に満足できる商品だと思います。

また、3COINSの食器棚シートは、デザインはあるけれどシンプルでおしゃれです。

デザインがあるからと言って、インテリアを邪魔するようなこともないんですし、柄は大きいですが決して主張しない感じがちょうどいいです。

程よい厚みもあるため安心して食器を食器棚に収納することもできます。

半信半疑で購入した3COINSの食器棚シートでしたが、実際に使ってみると、本当におしゃれで程よい厚みもあり3m(幅60㎝)で300円という安さに大満足しています。

3COINSの食器棚シートは重たい調理器具を収納し頻繁に出し入れするキッチン下収納には少し頼りなさを感じてしまいますが、食器棚シートとして利用するにはめちゃくちゃおすすめです!

セリアの食器棚シート

我ら庶民の味方である100均で販売されておりDIYしたおしゃれなキッチンなどによく登場しているのがセリアの食器棚シートです。

センスのイイ方ほど100均(セリア)の商品を上手におしゃれに活用されていますよね!

その代表格が「食器棚シート」ではないでしょうか?

私が実際に購入して分かった3COINSの食器棚シートの特徴を下記にまとめるとこんな感じです↓

【セリア食器棚シートの特徴】

  • 100円というこれ以上ないほど低価格(=とにかく安い!)
  • 100円なのにデザイン性もある(=十分かわいい!)
  • 幅30㎝は場所によってはめちゃくちゃ使いやすい(=我が家の靴箱にぴったり!)

ずばり、セリアの食器棚シートは、「なんといっても安い!」かつ「100均にしては十分おしゃれ!」です。

セリアの食器棚シートのサイズは、3m(幅30㎝)となっており、3m(幅60㎝)である3COINSの食器棚シートと比べるとちょうど半分の大きさということになります。

ということは、セリアの食器棚シートは、3COINSの食器棚シートに比べてサイズは半分だけれど、価格は三分の一ということになり、セリアの食器棚シートの方が圧倒的に安いこと分かります。

ちなみに、我が家の食器棚には幅30㎝では短すぎましたが、靴箱にはぴったりでしたよ!

ただ、私の超個人的な意見としましては、「厚み」や「素材感」に多少頼りなさを感じてしまいます。

素材的には、IKEAの食器棚シートはもちろん3COINSの食器棚シートと比べても浮きやすくずれやすいです。

そのため、重たい調理器具を収納し頻繁に出し入れするキッチン下収納には向いてないかもしれません。

しかしながら、セリアの食器棚シートは、サイズは小さめですが、食器棚シートとしては問題なく使えるレベルだと思います。

個人個人の使用感に異なることはあるかとは思いますが、セリアの食器棚シートは、100円という安さを考えるとコスパ的には満足できる商品ではないでしょうか。

最後に(結論)

「IKEA」「3COINS」「セリア」の食器棚シートを比較してみたわけですが、我が家ではこの3種類の食器棚シートを場所ごとに使い分けることに決めました。

まとめるとこんな感じです↓

メーカー 使用場所 決め手(選んだ理由)
IKEA キッチン下収納 重たい調理器具の出し入れにも動じない頑丈さで頼りがいは断トツ!
3COINS 食器棚 ほどよい厚みとおしゃれなインテリア性がちょうどよい♪
セリア くつ箱

幅30㎝が靴箱にちょうどヨイ♪

頻繁に出し入れしないので多少ズレても大丈夫♪

こんな感じで、それぞれの食器棚シートが適任適所で活躍することとなりました。

以上、この記事が「IKEA」「3COINS」「セリア」の食器棚シートに興味を持っていらっしゃる方の参考になりましたら幸いです。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です