バスマット毎日洗濯派におすすめ!おしゃれで人気のバスマット3種を比較した結果

わたくし、バスマットは毎日洗濯する人です。

バスマットを毎日の洗濯物と一緒に洗濯機で洗っています。

そこで、バスマット毎日洗濯派におすすめの人気のバスマットをいくつか試してみましたのでここにレポートしたいと思います。

毎日洗濯派におすすめの理想的なバスマットとは?

バスマットは毎日洗濯するので、いくら吸水性がよくても厚すぎると乾きづらくなるのでNG。

だからといってバスマットが薄すぎてすぐにびちょびちょになってもNG。

私にとって理想的なバスマットとは、家族5人分の足元の水をちゃんと吸収してくれて尚且つ洗濯してもすぐ乾くバスマットなんです。

フェリシモ マイクロファイバーバスマット

フェリシモ いつもやさしい足ざわりで包みこむ マイクロファイバーバスマットの会

フェリシモのバスマットです。

価格:1,404円(税込)

表は吸水・速乾性のあるマイクロファイバー素材で、裏は乾きやすいメッシュ素材でできています。

極めてタオルに近いバスマットですので、毎日の洗濯物と一緒に洗濯機でガンガン洗濯できる上に乾きが早い点がとにかく気に入っています。

ギャラリー

16-08-02-14-06-48-747_deco

裏側メッシュです↓

16-08-03-10-41-32-767_deco

サイドにループが付いています↓

16-08-02-14-08-19-714_deco

ただし、遠慮なく洗濯できて乾きやすくデザインもかわいいのですが、滑り止めが効いていないのでバスマットがすぐによれます

よれたときの見た目に頼りなさを感じてしまうのがちょと弱点かも。

(それでも裏側はメッシュですので濡れてもベチャっとはなりませんが、肌触りがサラサラする感じもありません。)

こんな感じで、見た目の頼りなさは多少ありますが、毎日洗濯する普段使いのバスマットとしてはおすすめのバスマットです。

イケアのバスマット

16-08-02-14-34-38-483_deco

【IKEA Original】BADAREN バスマット マイクロファイバー製 ベージュ 55cm

(注意:ネットでも購入できますが割高です。)

イケアのバスマット(BADAREN)です。

価格:499円(税込)

イケアで見かけて即買いしたバスマットです。

マイクロファイバー素材でできているのですが、表面がポツポツしていて何といっても肌触りが抜群です。

塗れた後でもベタっとしません。

ギャラリー

16-08-03-09-38-54-183_deco

裏側はこんな感じ↓

16-08-03-09-39-17-290_deco

最初にこのバスマットを店頭で見かけたとき、心配したのは吸水性でした。

実際に使用してみたところ、家族5人中5番目に使用した場合でも肌触りはサラサラです。

そこがすごいです。

499円とびっくりするぐらいリーズナブルな価格でデザイン性も機能性も兼ね備えていますから本当に驚きます。

裏側に滑り止め加工はされていませんが、マット自体が寄れにくいと感じています。

形も円形で表面がポツポツした作りである点もオシャレです。

だからといって主張しすぎないデザインなのでどんなインテリアの邪魔もしない点も魅力だと思います。

ニトリのバスマット

16-08-03-09-41-10-629_deco

バスマット(モール3 RO 30×50) ニトリ 【送料有料・玄関先迄納品】

ニトリのバスマットです。

価格:599円(税込)

ニトリには数種類のバスマットが販売されていますが、このバスマットは中でも一番売れているバスマットなんだとか。

ギャラリー

16-08-03-09-39-51-432_deco

裏側は滑り止め加工がされています↓

16-08-03-09-40-19-474_deco

モールの長さは長いですがベースの生地にそれほど厚みはありません↓

16-08-03-09-40-41-000_deco

最初にこのバスマットをネットで見て心配していのは、速乾性です。

ネット上の画像では結構厚みがあるように見えたのですが、実際にはモールが長いだけでベースの生地自体にそれほど厚みはありませんでした。

心配していた厚みは、毎日の洗濯物と一緒に洗濯しても、「洗い」「乾燥」共に問題ないレベルでした。

ただ、上述した「フェリシモ」や「イケア」のバスマットと比較すると若干乾きにくいと感じています。

肌触りはこの外観から言うまでもなく抜群です。

最後に(まとめ)

バスマットもいろいろなものがありますが、今回は、毎日洗濯することを前提に3種のバスマットを比較しました。

結果をまとめるとこんな感じです↓

  • 極めてタオル地に近いバスマットを選ぶなら、フェリシモ→イケア→ニトリの順でおすすめです。
  • 洗濯のし易さで選ぶなら、フェリシモ→イケア→ニトリの順でおすすめです。
  • 寄れないしっかりとしたバスマットを選ぶなら、ニトリ→イケア→フェリシモの順でおすすめです。
  • 価格の安い順で選ぶなら、イケア→ニトリ→フェリシモの順でおすすめです。
  • 肌触りで選ぶなら、ニトリ→イケア→フェリシモの順でおすすめです。

今回試してみた「フェリシモ」「イケア」「ニトリ」のバスマットはどれも優秀でした。

ただ個人的に、バスマット選びでは、肌触りよりも洗濯に向いている点を重視したいと考えることから「フェリシモ」のバスマットを特におすすめします。

フェリシモ いつもやさしい足ざわりで包みこむ マイクロファイバーバスマットの会

バスマットは毎日足の裏が触れるもので尚且つ水分を吸収するものですから、ストレスなく洗濯できて尚且つ綺麗に洗濯されたものを使いたいですよね(*^^*)

この記事がバスマット選びの参考になりましたら幸いです。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です