【エアコンクリーニング価格】10年前に購入したお掃除機能付きエアコンのクリーニング価格にびっくり仰天。

エアコンクリーニング(エアコン掃除)をお掃除本舗さんに依頼した場合の実際の価格を記載します。(我が家の場合)

依頼したのは、リビングに設置している10年前に購入したナショナルのお掃除機能付きルームエアコン(品番:CS-63RDX2-G)のクリーニングです。

お掃除本舗 エアコンクリーニング価格

お掃除本舗さんのエアコンクリーニング価格は下記の通りとなっています。(※税抜で表示)↓

種別 所要時間 単位 価格
壁掛けタイプ(スタンダード) 約2時間 1台 \11,000
壁掛けタイプ(エコ洗浄) 約2時間 1台 \12,000
天井埋込タイプ(スタンダード) 約4時間 1台 \30,000~\35,000
天井埋込タイプ(エコ洗浄) 約4時間 1台 \33,000~\38,000
天井埋込タイプ(一般家庭用小型) 約3時間 1台 \25,000~\30,000
お掃除機能付きエアコン 約3時間~ 1台 別途お見積り(下記参照)

※上記価格表は、「お掃除本舗 House Cleaning サービスカタログVol.10」より引用しています。

15-12-09-15-11-12-680_deco

お掃除本舗 エアコンクリーニング価格(お掃除機能付きエアコンの場合)

お掃除本舗さんのお掃除機能付きエアコンのクリーニング料金は、レベル1~レベル3に設定されていました。

実際のお掃除機能付きエアコンのクリーニング料金は、下記の通りです(※税抜で表示)↓

レベル 標準価格
レベル1(三菱・ダイキン・富士通後期型) \15,000
レベル2(東芝・シャープ・日立・パナソニック後期) \18,000
レベル3(富士通初期・ナショナル初期) \21,000

我が家のエアコンは、パナソニック後期でもないナショナル初期型にあたるということから、レベル3に該当しました。

我が家のエアコンは、お掃除機能付きエアコンの初期型で、一番分解が面倒なタイプなんだとか。

そういうわけで、我が家のエアコンクリーニング価格は、お掃除機能付きエアコンの設定価格の中でも最高額の21,000円ということになりました。

お掃除機能付きエアコンのクリーニングが高い理由

上記の通り、お掃除機能付きのエアコンクリーニングは、料金が高いです。

これは、どの業者さんにお願いした場合も同じことが言えると思うのですがなぜ高いのか、お掃除本舗の方に聞いてみました。

理由は簡単で、お掃除機能付きエアコンは分解するのが大変なんだそうです。

つまり、お掃除機能付きエアコンとお掃除機能なしのエアコンの料金の差額は、分解料だということが分かりました。

お掃除本舗 エアコン室外機クリーニング価格

15-12-09-15-35-34-669_deco

今回、我が家では、エアコンクリーニングと同時に室外機のクリーニングもお願いしました。

覚書も兼ね、お掃除本舗さんの室外機クリーニング価格を下記に記載します(※税抜で表示)↓

種別 所要時間 単位 価格
《スタンダード》単品 約1時間 1台 \7,000
《エコ洗浄》単品 約1時間 1台 \7,000
《スタンダード》室内機とセット 約1時間 1台 \5,000
《エコ洗浄》室内機とセット 約1時間 1台 \5,000

我が家の室外機クリーニングにかかる費用ですが、室内機とのセット価格の5,000円ということになりました。

(スタンダードとエコ洗浄の違いを聞くのを忘れていましたので今度聞いてみます汗)

我が家のエアコン&室外機クリーニング価格

15-12-09-15-11-46-368_deco

今回、我が家のリビングに設置した10年前に購入したエアコン1台分のクリーニング費用総額は、室外機クリーニング費用も含めて28,080円とう結果になりました(※税込で表示)↓

サービスメニュー 数量 料金
エアコンお掃除機能付き(レベル3) 1 \22,680
エアコン室外機(スタンダード)(室内機とセット) 1 \5,400
合計 \28,080

うーん高いですね。びっくり仰天です((+_+))

最後に

実際のクリーニング作業は、来週を予定しています。

実際に見積もりに来てくださった方が、クリーニング作業をしてくださるそうです。

年末の多忙な時期ということもあり、クリーニング開始予定時間は、夕方の16時を予定しています。

室外機のクリーニングも合わせて20時くらいまでは時間がかかる見込みとのこと。

「お掃除機能付きエアコン&室外機」クリーニングの見積予定時間は、4時間ということになります。

10年前に購入したエアコンですから「もう買い替えたら?」と言われそうですが、ここは一つ、お掃除本舗さんのプロの手を貸していただき、(我が家のエアコンに)蘇ってもらおうと思います。

この10年に蓄積されたカビや埃を一掃し、リビングの見えない空気も綺麗にし新年を迎えたいと思っています。

この記事が、エアコンクリーニングを検討されている方の参考になりましたら幸いです。

2 件のコメント

  • 再び失礼します。
    スタンダードとエコ洗浄の違いは使用する洗剤の違いです。

    スタンダードは石油由来の洗剤を、
    エコ洗浄は植物由来の洗剤を使用します。

    室外機を洗った洗剤混じりの水が、芝生や植木の近くに流れる場合はエコ洗浄をおすすめしています。

    石油由来の洗剤混じりの水は、植物を弱らせてしまいます。

    「だったら全てエコ洗浄にした方が良いのでは?料金も同じだし。」と思われるのではと思います。

    植物由来の洗剤は、石油由来の洗剤よりも汚れ落ちが悪いので両方のプランがあります。

    • 石井健一様

      「スタンダード」と「エコ洗浄」の違いについての大変分かりやすいご説明をいただきましてありがとうございます!
      おそらくこの記事を読んでいらっしゃる多くの方にとって参考になるものではないかと思います。
      お忙しい時期到来かと思いますが、体を大事に「たくさんの満足」を生み出していっていただけたらと思います(*^-^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です