私が「チャレンジタッチ(タブレット)」ではなく「オリジナルスタイル(紙教材)」を選んだ理由

進研ゼミ小学講座を受講するにあたりまず選択しないといけないのが受講スタイルです。

進研ゼミでは受講スタイルとして下記3つの受講スタイルを選ぶことができるようになっているのですがご存知でしょうか?

  • 「チャレンジタッチ」(タブレット教材)
  • 「オリジナルスタイル」(紙教材)
  • 「ハイブリットスタイル」(紙教材+デジタルコンテンツ(iPad))

我が家ではこの内「チャレンジタッチ」と「オリジナルスタイル」のどちらかにするかで悩みに悩みまくった結果、「オリジナルスタイル」に決めました。

当初は「チャレンジタッチ(タブレット)」派だった私が最終的に「オリジナルスタイル(紙教材)」に決めた理由をここにまとめたいと思います。

私が「チャレンジタッチ」を選択しなかった理由

実際にチャレンジタッチを操作したことがあるわけではないため実際に使用した方の話を聞いたりネット上の口コミ情報等を参考にさせていただき自分なりに「チャレンジタッチを選択しなかった理由」をまとめてみました。

私がタブレット学習形式である「チャレンジタッチ」を選ばなかった理由は下記の通りです。

  • 学習ボリュームが少ない(紙教材と比べて学習量が少ない)
  • 書く行為が少ないため頭に入りにくい
  • 適当に回答しても学習を完了できる(分かったようになっただけ)
  • 机に向かう必要がない
  • 苦手なポイントを把握しにくい(親は進捗状況しか分からない)
  • 旦那が絶対的に「チャレンジタッチ」よりも「オリジナルスタイル(紙教材)」派

主人は言います。

手と頭を一緒に動かすから頭に入るのだと。

主人は、デジタルだとやった気になるだけで頭に残らないことを心配しているようです。

これには私も賛成で、学習したことを記憶として長期的に保存させておくためには、何度も頭の中で復唱することが大事であると思っています。

そして、頭の中で何度も復唱する方法としては「実際に手を動かして書く」という動作がとても効果的であると考えています。

そう考えると、チャレンジタッチで学習したとしても結局はタブレット上の勉強だけでは足りなくて、テキストベースでの学習も必要になると判断しました。

それなら最初から、チャレンジタッチを選択せずに紙ベースのスタイルを選択することにしたわけです。

「机に向かう」そして「書く」という行為を重視することにした理由

2021年から「新大学入試システム」というのもが導入され、「センター試験」が廃止されることをご存知でしょうか?

「センター試験」がなくなり「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」という試験が始まるということなのですが、具体的に何が変わるかというと、テスト形式が変わるそうなんです。

テスト形式として「マークシート方式だけでなく記述方式が導入される」というんですね。

つまり、選択して答えるだけでなく実際に「記述する」という行為が求められるようになるということが分かりました。

先日、ある個別指導塾の体験授業に行ってきたのですが、新大学入試システムに対応するために今後子供たちが強化していかなければならない力として責任者の方が熱く語っていらっしゃった力もやはり「自分で考えて記述できる力」でした。

もうただ暗記するだけじゃダメだというんですね。

となると、子供たちには「学んだ知識を活字にして”書く”という行為に慣れてもらう必要がある」と考えました。

そこで私が重要視したのが「机に向かって書く」という「行為そのもの」です。

この行為なくして「記述力」が身につくとは思えませんでした。

まだ1年生だけど進研ゼミを初めてみようと思った理由

我が家の小学1年生の娘たちは今、二人揃って「勉強したい!!」熱気に燃えています。

まだ申し込みもしていないのに「チャレンジ1年生はいつ届くのか」とうるさいです。

がしかし、正直なところ、親としてはまだ1年生の娘たちに学校の授業プラスアルファの学習が必要だとは思っていません。

宿題だけちゃんとやったら後は思いっきり遊んで欲しいです。

また、小学1年生から学習にお金をかける必要はないというのが私の考えです。

それなのに、進研ゼミの受講を決めたことには理由があります。

実は私が本腰を入れて勉強を始めて欲しいと考えているのは娘たちではなく現在小学4年生になる長男くんの方なんです。

塾に行って欲しいと考えていますが長男くん本人にまったくやる気がありません。

今すぐにでも塾通いを初めて欲しいと思いながらも、親である私自身が、長男くんに塾通いさせることをものすごく迷っています。

迷っている理由は、長男くんを塾に行かせたとしても、長男くんにとっての塾は自分の意志ではなく「お母さんに無理やり行かせられてるもの」となってしまうことが目に見えているからです。

間違いなく長男くんからこう言われるでしょう。

俺は行きたくないのにお母さんが行けと言った

そうなると一番怖いのが、勉強を無理やりやらされることで「勉強嫌い」になってしまうこと。

長男くんが勉強させようとする私に反発して余計に勉強しなくなることを心配しています。

つまり、何が言いたいかというと勉強するにあたって一番大事なのは「本人のやる気」だということです。

親がいくら勉強してほしくて環境を整えてあげたところで子供本人にやる気がなかったら何の意味もありませんよね(T_T)

素直に親の言うことを聞いて塾通いを受け入れてくれる子供さんもいらっしゃるでしょうが、間違いなくうちの息子はそうではないです涙

そう考えると、娘たちはまだ小学1年生だけれど今燃え盛っている「勉強したい!」という気持ちをとっても大事にすることに決めました。

ちょと長くなりましたが、これが、まだ小学1年生だけれど進研ゼミを初めてみることにした理由です。

最後に

現在、進研ゼミでは、「冬の1か月入会」キャンペーン(12/20まで)があっています。

「冬の1か月入会」キャンペーンとは、冬休み特別号(1月号)を実際に1カ月受講してみてから、2月号からの継続を判断できるというキャンペーンです。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

我が家では、このキャンペーンを利用して子供たちに実際に体験させてみてから改めて子供たちに2月以降の継続の意思を確認しようと考えています。

これから冬休みを迎えますので、冬休みの勉強教材としてもちょうどいいですしね!

以上、この記事が小学生の子供を持つ親の一例として進研ゼミの受講スタイルについて迷っていらっしゃる方の参考になりましたら幸いです。










2 件のコメント

  • 兄弟でチャレンジを受講中です。兄(6年生)がタブレット、弟(2年生)が紙教材です。
    兄の周りの友達はほぼ塾通いしていますが、今のところ塾通いの子と学力に差はありません。
    兄は低学年では紙教材、4年生からタブレットへ移行しました。タブレットでも選択式の問題ばかりになるわけではありません。漢字は記述式ですし(「はね」などもきちんと判定。できていないと正解にならない)、計算は画面の空いたスペースに筆算ができるし、答えも0~9、小数点などのキーが画面に表示されるので1桁ずつ入力して確定、という感じです。
    前に間違えた問題に直接とぶこともでできます。3年生の後半から宿題を面倒がるようになったので、紙教材を溜めがちになっていましたが、タブレットにしてからはそれもなくなりました。新しい単元の時は授業のような説明が音声と画面で表示され、それを読まないと問題が始まらなかったりしますし、応用問題や挑戦問題、年に数回の赤ペン(紙教材)もありますよ。何より丸付けが自動でされるので、私が楽だったりします。弟は紙教材なので丸付けしてますが、正直面倒です。ただ、低学年のうちはシールを貼ったり楽しみも多いですし、文字の癖がつく前なので紙に書く方がいいと思い、タブレットは兄と同じ4年生からのつもりです。
    長くなりましたが、参考になれば。

    • よつばさん
      初めまして、コメントありがとうございます!
      よつばさんは現在「紙教材」と「タブレット」と両方受講されているということでとても参考になります!!

      よつばさんの話を聞いていると「タブレット」も実際に受講してみたくなってしまいました。
      タブレットは人によって意見が分かれるみたいなので、こうなったら我が家もタブレットを一度しっかり使ってみようと思います!
      今タブレット無料キャンペーンをやっていることですし、小学4年生の兄の冬休みの勉強用として試してみようと思います!(ひひひ)

      余談ですが、4年生の長男も低学年まで紙教材で進研ゼミを受講していました。
      ひさびさに紙教材が二人分(双子だから)も届いて、早速いろいろと面倒に感じているところです笑

      初めて進研ゼミ(紙教材)を始めた娘たちはシール貼ったりマル付けしてもらうのが嬉しくて仕方ないようなので低学年のうちは紙教材がいいのではないかというお考えに共感です!
      とても参考になるコメントありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です